潮力発電所の建設

世界的に潮力に対する関心が日増しに高まっています。潮力は環境に優しく太陽エネルギーや風力エネルギーに比べてエネルギー密度が大きく、電力の生産量を予測出来るメリットがあります。

海岸に面している国は多くありますが、中で潮力資源が開発可能な国は数えるほどです。朝鮮は調査で世界5位、資源量もとても豊かです。特に朝鮮西海の海州湾地域は干満の差が最も大きく潮力資源が豊富な地域で、潮力発電所の建設に持って来いの所です。

朝鮮では既に潮力発電所のテスト運営で得た経験を踏まえて、潮力資源の開発と利用に力を入れています。朝鮮で潮力資源の開発の基本的方式は干潟地の開墾と潮力発電所の建設を結び付ける事で、低コストの実利のある開発方式です。洪建島干拓地、クムソン干拓地、テゲ島干拓地等、西海岸の干拓地に大小の潮力発電所を大々的に建設すればその地域の電力問題を解決する事が出来ます。

敬愛する金正恩総書記はチュチェ107年(2018)1月、国家科学院を現地指導する際「潮力発電所は一度建設すれば地球の自転が止まらない限り電気を生産する事が出来る」とし、「潮力発電所の建設に力を入れるように」と言いました。

朝鮮労働党第8回大会では自立経済の原動力である電力生産を増やすのを経済建設を促し人民生活を高める為の先決条件とし、潮力発電所の建設に国家的な力を集中する事に触れました。

(政策)

2021.03.03 サイト音声の聞き書き
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-03-04 (木) 19:27:02