2013年4月11日ニュース抜粋

  • 敬愛する金正恩同志の朝鮮労働党第一書記・朝鮮民主主義人民共和国国防委員会第一委員長選出一周年を祝って、10日、朝鮮労働党創立記念塔広場で労働者をはじめ職業同盟員の集いが、ポンファ革命史跡地で農業勤労者の集いが、チュチェ思想塔広場では女性同盟員の集いがありました。関係者と勤労者団体の人が共に参加しました。集いで発言した人達は、卓越したリーダーシップと無比の胆力、高邁な人徳を持って国と民族の尊厳と栄誉を轟かしている金正恩元帥を讃えました。
  • 太陽節祝賀全国書道祭典が10日、平壌国際文化会館で開幕しました。国中の書家とファン・青少年と子供達が参加する今祭典には、300点余りの書道作品が出品されました。開幕式に朝鮮労働党中央委員会金己男書記と関係者が出席し、創作家・ファン・市民の勤労者・青少年と子供達が集いました。一方この日太陽節祝賀ソンファ美術展が開幕しました。
  • 太陽節祝賀国家工業デザイン展示会が10日、平壌の国家工業デザインセンターで開幕しました。展示会には敬愛する金正恩同志が直接指導した600点余りのデザインと朝鮮工業デザイン創作者と万寿台創作者、各道の工業デザイン創作者、そして教員・学生と愛好家が出品した1,000点余りの各種デザインと製品・ミニチュアが展示されました。関係者と各地の工業デザイン部門の創作家・教員・学生・愛好家が開幕式に参加しました。
  • 10日、敬愛する金正恩同志の朝鮮労働党第一書記・朝鮮民主主義人民共和国国防委員会第一委員長選出一周年を祝う、万景台学生少年宮殿の子供達の芸術公演が行われました。プロローグ“栄光を奉げます”で始まった公演では、二重唱と合唱“我らの元帥が一番”、器楽と歌のメドレー“母なる労働党を歌います”、舞踊“親鳥物語り”等、多彩な演目が披露されました。関係者と青年同盟の活動家・青少年が公演を見ました。
  • 太陽節を勤労の成果で迎えるため励んでいるホンゴン島(?)干拓地の建設現場で10日、大発破がありました。大発破で第4号堤防の補強と第2号堤防の第1次閉め切り工事の為の条件が作られました。
  • 世界ジュニア重量挙げ選手権大会で朝鮮のコン・ヨングァン(?)選手が3つの金メダルを獲得しました。
  • 10日、太陽節に際して祖国を訪れる在日本朝鮮民主女性同盟代表団・在米同胞全国連合会代表団・在ロシア朝鮮公民中央協会代表団・在米朝鮮人芸術団・在米同胞のインターネット新聞“民族通信”代表が空路、平壌入りし、在中国朝鮮人総聯合会代表団も列車で平壌に着きました。
  • 10日、太陽節に際して訪朝するラテンアメリカ“チュチェ思想研究所”代表団・ロシア極東地域“金日成・金正日主義研究会”代表団が空路、平壌入りしました。
  • 中央特区開発指導総局スポークスマンが11日、朝鮮中央通信社の質問に答えました。
    スポークスマンは「我々の重大措置を受け南朝鮮傀儡当局と戦争狂らは、自分らの反民族的な罪について深く反省するどころか失望と遺憾等を云々して、重大措置を中傷し責任を逃れようと詭弁を弄している。またセヌリ党をはじめ保守政治家と御用言論は“南に対する圧迫の最絶頂”“緻密な計画による圧迫”“降参を強要するカード“等と言って、対決雰囲気を煽っている。また、大統領府の女主人までが出て“正常な開城工業団地を中断した”“国際規範と約束の違反”“誤った行動を中止し正しい選択をしてほしい”等の詭弁を弄した。李明博が政権の場についていた時も生き残った開城工業地区を、閉鎖直前に至らしめた責任を南朝鮮の現当局者は絶対逃れられない。6月15日共同宣言の申し子である開城工業地区を同じ民族との緊張地域に、戦争挑発の策源地に変えるのは許せない反民族的罪だ。傀儡集団が我々の重大措置を愚弄しようとするなら更に挽回出来ない事態が招かれるだろう。傀儡集団はこの度の重大措置が暫定的で、今後の事態は全て南朝鮮当局の態度如何に掛かっているとの我々の警告を忘れてはならない」と指摘しました。
  • 日本スーパーフライ級の王者、在日朝鮮人の朴泰一さんが3月31日神戸で、3番目のチャレンジャー白石豊土選手を3対0の判定で破りました。朝鮮総聯の活動家と在日朝鮮人・ファン・多くの日本人が試合を観戦しました。
  • 在米“自主思想”研究所の所長がホームページに『何故、祖国の共和国を尊敬しているか』と題して、反米対決で“いつも”勝利している共和国を讃える文を載せました。
  • 中国のオンラインニュース“第四言論”に『今の国際情勢は朝鮮によって決定されている』と言う文が載りました。文は「朝鮮の核保有で朝米対決の構図が根本的に変わっている」とし、「核大国が国際情勢を決定する時代は過ぎ去り、今の国際情勢は朝鮮によって決められている」と書いています。

徹底的に計算すべき中傷冒涜の罪

労働新聞論評ダイジェスト11日

最近“朝鮮日報”“東亜日報”をはじめ南朝鮮の傀儡保守言論は、経済建設と核武力建設を併進させる事についての朝鮮労働党の新たな戦略的路線について、“核武装の試みを通しての挑発”“北の行動が日増しに危険なものになっている”と中傷した。更に共和国の最高尊厳と体制を悪辣に中傷し、朝鮮半島の目下の事態を歪曲し世論を惑わす事に狂奔している。これは共和国のイメージダウンを謀り朝鮮半島の緊張激化の責任を逃れようとの、傀儡当局とそれに追従する御用言論の卑劣極まる不純な行為だ。対決と謀略に狂った者らと民族の運命を愚弄した保守言論戦犯者は、その大罪の代価を支払う事になるだろう。

朝鮮の声放送ニュース抜粋(聞き書き)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-06 (月) 22:49:09