短波放送「朝鮮の声」より

pop hok -- YouTube
211130夕方の放送、7580kHzで受信

  • 2021.11.29 -- 211129夕方の放送、7580kHzで受信
  • 2021.11.28 -- 211128夕方の放送、7580kHzで受信
  • 2021.11.27 -- 211127夕方の放送、7580kHz、9650kHzで受信
  • 2021.11.26 -- 211126夕方の放送、7580kHz、9650kHzで受信
  • 2021.11.25 -- 211125夕方の放送、7580kHzで受信
  • 2021.11.24 -- 211124夕方の放送、9650kHzで受信

大流行伝染病拡大状況に対処した非常防疫活動をいっそう強化

世界的に再びデルタ変異株より伝染力が5倍も強い新たな変異株が発見されて深刻な懸念をかき立てている。中央非常防疫部門では、新たな変異株の急速な拡散状況に対処して活動家と勤労者が最大に自覚、奮発し、高度の自発的一致性と献身性を引き続き堅持していくことで、国家非常防疫活動の完璧さを徹底的に保つようにすることに総力を集中している。活動家たちは、自分の部門、自分の単位でより危険で致命的なウイルスが流入しかねない隙間と盲点をもれなく捜して対策を立てるための大衆的な防疫の雰囲気を引き続き高調させている。非常防疫活動が長期化され、伝染力と拡散力がとても強い変異株が続出することに関連して人々の間で防疫危機意識をさらに高め、防疫の規定と秩序を厳格に順守するようにするための思想教育と衛生宣伝攻勢がマスメディアを通じて集中的に繰り広げられている。保健医療部門では、冬季に入って人々が健康の管理をより責任をもって行い、呼吸器性疾病と腸内性伝染病をはじめとする慢性疾病のある患者をもれなく捜して治療するための対策を立てている。機関、企業、工場、農場では、みなが体温測定と手の消毒、マスク着用を生活化、習性化し、建物、設備、機器・工具などに対する消毒に自発的に参加するようにしている。公共の場でソーシャルディスタンス(社会的距離)をはじめとする防疫規定が徹底的に厳守されている。街と村、家庭をきれいにし、水を徹底的に沸かして飲むことで、各種の伝染性疾病の発生と感染を防ぐことを全ての住民が生活上の要求に受け止めている。
【平壌11月29日発 朝鮮中央通信】


特に政治的な意図はない。一時期ブームになった北朝鮮。律動体操や女性アナウンサーなどは面白いといえば面白かったけど、決してそれだけではない国、北朝鮮。現地に行くことは出来ないので、2012年から短波放送の受信を記録してみる。「朝鮮の声」のWebサイトに放送の内容が文書化されていたので、それも保存してみる。ものすごく不安定で使いにくいサイトだったので全部は収集できなかった。また、放送はされたが文書化されていないもの、文書化されてはいるが放送されなかったものも多数ある。画像も保存していたが不注意で消してしまった。これからは注意する。北朝鮮といえば「無慈悲」が一般的になっているが、短波放送では「情け容赦無い」がよく使われている。

基本的に文章はそのままにしているので、「て・に・を・は」がおかしい箇所がある。よほどひどい場合は直している。サイト上の文章は、たまに「ファンヘ北道」や「ファンヘ南道」のカタカナの「ヘ」が平仮名の「へ」になっていて検索にかからないので直した(直し忘れもある)。ローマ字や数字も半角にした。


「朝鮮の声放送」Webサイト上の音声・映像だけで提供されて短波放送されなかったもの、サイト上で文書化されていないもの、放送されたが録音していなかったもの、サイト掲載文書を保存し忘れたもの等のタイトルだけの一覧。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-09-12 (日) 19:48:50