短波放送「朝鮮の声」より

pop hok -- YouTube
240620夕方の放送、11865kHzで受信

  • 2024.06.19 -- 240619夕方の放送、11865kHzで受信
  • 2024.06.18 -- 240618夕方の放送、11865kHzで受信
  • 2024.06.17 -- 240617夕方の放送、11865kHzで受信
  • 2024.06.16 -- 240616夕方の放送、11865kHzで受信
  • 2024.06.15 -- 240615夕方の放送、11865kHzで受信
  • 2024.06.14 -- 240614夕方の放送、11865kHzで受信

※5月23日から新人?が放送読みに参加
※崔鐘日に続きシン・ヨンイルも動静不明


丁香複合菌キノコ多糖剤

naenara240620_1.jpg

体力増進製品生産所で開発した丁香複合菌キノコ多糖剤がユーザーの好評を受けている。同製品はビフィズス菌をはじめさまざまな有益な乳酸菌からなる丁香複合菌と強い免疫活性をあらわすキノコ多糖であるβ-グルカンを主成分とする健康食品である。強い免疫調節作用をする同健康食品は抗癌作用によって胃及び大腸癌をはじめとする各種の癌の予防に効果的であり、特に糖尿病の治療に特効があるという。また、健康によい乳酸菌を含有しているので、膵臓炎による消化障害と鼓腸を解消させる。それだけでなく、体内毒性物質の無毒化、肝炎、肥満、高脂血症、動脈硬化など免疫機能不全疾患の予防と体力保護及び疲労回復作用をする。丁香複合菌キノコ多糖剤は朝鮮民主主義人民共和国特許を得た。
コ・ジンチョル
(Naenara 2024.06.20)

空手でおよそ100枚の瓦を撃破

naenara20619_1.jpg

昨年の8月、カザフスタンでは第22回テコンドー世界選手権大会が行われた。元々、テコンドー世界選手権大会は2年に1回行われてきた。それが、世界的な悪性ウイルス感染症の急速な伝播のため、4年ぶりに開催されたことにより、多くの人々の特別な関心を集めた。この大会の模範出演で朝鮮テコンドー委員会テコンドー師範団のキム・ミョンジュン師賢(7段)は、ハンドオールパワーテストを披露した。両側の正拳で20枚、裏拳で10枚、手のひらで10枚、逆手刀で10枚、両側の肘で30枚、手刀で10枚の瓦を撃破するハンドオールパワーテストは参加者と観客に深い印象を与えた。模範出演のたびに彼はおよそ100枚の瓦を撃破するという。高度の集中力と強力な肉体的力、高い技術を伴うこのパワーテストは誰も容易にできるものでないというのが専門家たちの評価である。ミョンジュンさんはこのような威力を今までの百余回の国内外模範出演で披露したのである。数十年前、テコンドーと縁を結んだ彼は10余年間の選手生活を終え、朝鮮体育大学を卒業した。チュチェ98(2009)年、朝鮮テコンドー委員会師範団で師範生活の第一歩を踏み出した彼は、自分の実力を高めるためにねばり強く努力した。その過程は決して順調ではなかった。手に外傷を負ったりひどい骨折で苦しんだりしたこともあった。ハンドオールパワーテストの細部を遜色なく円滑に遂行するということは固い覚悟と決心がなければ、剛毅な闘志がなければできないことである。しかし、彼はテコンドーの威力を誇示する上で絶頂種目を引き受けて遂行するという自覚をもって訓練も実戦同様に行い、完璧な動作遂行のために心魂を傾けた。昨年の第22回テコンドー世界選手権大会を前にして彼はひどい負傷を負った。開幕式での模範出演が迫った時でさえ疼痛は止まらなかったが、彼は自分の潜在力と意志を総噴出させた。力強く気迫溢れる裏拳撃破から始まった彼のハンドオールパワーテストは人々を驚嘆させた。世界の多くのテコンドー関係者と愛好家たちは、朝鮮のテコンドーが第一であるとし、朝鮮のテコンドーをさらに熱心に修練しようという希望を披瀝した。彼は、チュチェ92(2003)年に朝鮮民主主義人民共和国スポーツ名手称号を受け、チュチェ112(2023)年から国際テコンドー連盟競技組織委員会(ITF TOC)委員として活動している。彼は言っている。「テコンドーの気概と威力をさらに高く宣揚するのに私のすべてを尽くす」 彼は今日も訓練に汗と情熱をささげている。
チョ・ガンビョル
(Naenara 2024.06.19)

栄養食品の開発に力を入れる

naenara240618_1.jpg

地方工業省食料・日用研究院で人民の食生活の向上に資する栄養食品の開発に力を入れている。これまで同研究院では、国内原料に依拠した美味しく栄養価の高い製品生産に必要な添加剤を開発して需要の高い多種多様な栄養食品を生産できる強固な土台を築いた。開発された添加剤は、平壌小麦粉加工工場、三池淵イモ粉生産工場など全国の食品生産基地に導入されて新製品生産の成果につながっている。最近、同研究院では全国の託児所・幼稚園年齢期の子供の栄養食品供給基準が高まったことに合わせて新しい幼児用栄養食品の開発が行われている。今、全国のすべての子供をより健康で丈夫に育てるのに寄与する必須アミノ酸をはじめ20余種のアミノ酸とカルシウムなど微量元素、鉱物質が多く含まれているコンブ粉、骨粉などの栄養食品の開発が最終段階で行われている。一方、今年に国の「地方発展20×10政策」に従って建設される20の市、郡食品工場の生産工程を完備するための科学研究活動とその正常運営に必要な技能工を養成するための現場講義および実技実習を計画的に行っている。
コ・チョルファ
(Naenara 2024.06.18)

表作の小麦・大麦の収穫を推進 各地の農村

各地の農村で小麦・大麦の収穫が本格的に推進されている。黄海南道の活動家と農業勤労者は、地帯別特性と作柄を確認しながら毎日、数千ヘクタールの面積に対する収穫を行っている。安岳郡、延安郡の農業勤労者は作業を急いで収穫を基本的に終え、信川郡と載寧郡は農業機械の稼働率を高めて日程計画を遂行している。平安南道の徳川市、价川市、平原郡は、労働力と手段を合理的に配置し、トラクターとコンバインの修理・整備を伴わせて実績を上げている。平安北道が、収穫の手配を綿密にし、穀物の無駄な損失を防ぐための対策を立てて毎日、多くの面積の小麦・大麦の収穫を行っている。博川郡、泰川郡、寧辺郡の農業勤労者は、刈った穀物を即時取り入れ、脱穀と乾燥を同時に進めている。黄海北道、開城市、南浦市の農業勤労者が、早生(わせ)の穀物栽培を成功裏に締めくくるために奮闘している。平壌市、咸鏡南道、江原道をはじめ各地の農業部門の活動家と勤労者も、農業機械をフル稼働させて小麦・大麦の収穫で連日、革新を起こしている。
【平壌6月18日発 朝鮮中央通信】


特に政治的な意図はない。一時期ブームになった北朝鮮。律動体操や女性アナウンサーなどは面白いといえば面白かったけど、決してそれだけではない国、北朝鮮。現地に行くことは出来ないので、2012年から短波放送の受信を記録してみる。「朝鮮の声」の Webサイトに放送の内容が文書化されていたので、それも保存してみる。ものすごく不安定で使いにくいサイトだったので全部は収集できなかった。また、放送はされたが文書化されていないもの、文書化されてはいるが放送されなかったものも多数ある。画像も保存していたが不注意で消してしまった。これからは注意する。北朝鮮といえば「無慈悲」が一般的になっているが、短波放送では「情け容赦無い」がよく使われている。

基本的に文章はそのままにしているので、「て・に・を・は」がおかしい箇所がある。よほどひどい場合は直している。サイト上の文章は、たまに「ファンヘ北道」や「ファンヘ南道」のカタカナの「ヘ」が平仮名の「へ」になっていて検索にかからないので直した(直し忘れもある)。ローマ字や数字も半角にした。

※朝鮮語ではどうなのかは知らないが、どうしても先代の「国防委員長」という肩書は格が落ちたような感じがする。主席、総書記、元帥でよかったと思うけど。長いし。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-06-21 (金) 21:48:44