短波放送「朝鮮の声」より

pop hok -- YouTube
220923夕方の放送、11865kHzで受信

  • 2022.09.22 -- 220921夕方の放送、11865kHzで受信
  • 2022.09.21 -- 220921夕方の放送、11865kHzで受信
  • 2022.09.20 -- 220920夕方の放送、9650kHz、11865kHzで受信
  • 2022.09.19 -- 220919夕方の放送、11865kHzで受信
  • 2022.09.18 -- 220918夕方の放送、11865kHzで受信
  • 2022.09.17 -- 220917夕方の放送、11865kHzで受信

より豊かになる農場の明日

年間農業を総括していたある年、黄海南道載寧郡三支江農場の農場員たちは「科学農事がやっぱりよいものだなあ!」といってみな喜んだ。しかし、科学農事という言葉を農場員みなが認め自分のものとして受け入れるまでの過程は容易ではなかった。リ・ヘスクさんがここの農場の管理委員長を務め始めた当初、複数の作業班の田圃に水稲少植栽培方法を試験的に導入するときであった。稲苗を多く植えてこそ米の収穫量を増やすことができるという観念が支配的だった一部の農民は田植えを終えた水田に「上田植え」をするのであった。彼女は、農民たちに口先だけではなく実物として科学農事の優越性を示すために試験田圃で稲苗の生育状態に注意し、手入れした。水稲少植栽培方法を導入した田圃では稲苗がすくすく育ち、秋に稲穂波打つ田圃を見ながら農場員は驚いた。このように、水稲少植栽培方法を初めて導入して成功した農場ではすべての田圃に同方法を導入した。農場の稲収穫高はこれまでに比べておよそ2倍以上上がった。農民の間では新たな営農技術に対する関心とそれを人先に受け入れようとする熱意が目に見えて高まった。農場では、農場員たちに先進的な農業科学技術をより多く普及するために農業科学技術普及室を改築した。建物を改築し数台のコンピューターを取り付けるのではなく、各作業班にネットワークを構築して農場員たちがいつでも利用できるようにし、田圃をリアルタイムで観測できるようにした。現在、農場には働きながら学ぶ教育システムに網羅されて大学勉強をしたり、またはすでに卒業した農場員たちが数百人もいる。先進営農技術を習得した彼らがいるため農場の明日はいっそう豊かになるであろうと彼女は固く信じている。
(Naenara 2022.09.23)

功労都市管理工

平壌市中区域上下水道管理所の作業班長であるリ・ヒョネ女性は数十年間、骨のおれる職場で誠実に働いている。中学校を卒業し、首都の建設部門で人民のための数多くの記念碑的建造物を立てる日々、彼女は祖国を支える道に自分のすべてを捧げる決意を固めた。その後、彼女は進んで下水浚渫工になった。国は、祝日や休日も休まず朝から夕まで担当した地域の下水網を点検し、市民に些細な不便も来たすまいと努力する彼女を社会主義愛国功労者、功労都市管理工に押し立てた。彼女はそのご恩に報いるため、住民のための奉仕の道を変わることなく歩み続けている。一家庭の主婦として家事に気を使うにも時間が足りない彼女であったが、一日中マンホールを出入りするというのは容易なことではなかった。しかし、その労をねぎらい、挨拶する住民の明るい顔から力をつけられた。この4月、首都の普通江畔に建てられた川岸段々式住宅区で新居入りする人々の中に彼女の家族の顔も見えた。
(Naenara 2022.09.22)

優良品種のヒツジ、ヤギを育種

農業研究院畜産学研究所で優良品種のヤギとヒツジを育種した。今回に研究士たちが育種したヤギとヒツジは、わが国の気候・風土条件の下でも乳の生産をはるかに増やし、毛と肉の生産量も高めることができる品種である。研究士たちは分娩、成長発育、乳生産性などを具体的に調査しながら10余年間研究してきた。ついに乳生産性が高く生活力が強い、わが国の飼料条件に順応したヤギとヒツジを育種することに成功した。
(Naenara 2022.09.22)


特に政治的な意図はない。一時期ブームになった北朝鮮。律動体操や女性アナウンサーなどは面白いといえば面白かったけど、決してそれだけではない国、北朝鮮。現地に行くことは出来ないので、2012年から短波放送の受信を記録してみる。「朝鮮の声」の Webサイトに放送の内容が文書化されていたので、それも保存してみる。ものすごく不安定で使いにくいサイトだったので全部は収集できなかった。また、放送はされたが文書化されていないもの、文書化されてはいるが放送されなかったものも多数ある。画像も保存していたが不注意で消してしまった。これからは注意する。北朝鮮といえば「無慈悲」が一般的になっているが、短波放送では「情け容赦無い」がよく使われている。

基本的に文章はそのままにしているので、「て・に・を・は」がおかしい箇所がある。よほどひどい場合は直している。サイト上の文章は、たまに「ファンヘ北道」や「ファンヘ南道」のカタカナの「ヘ」が平仮名の「へ」になっていて検索にかからないので直した(直し忘れもある)。ローマ字や数字も半角にした。

シン・ヨンイルさんは『文章の末尾を小さな声で読む』という変なクセがあり、まだまだ不明瞭な発音が多い人なので聞き取り難い。BGMが入った場合などは特に聞き取り難い。呉英淑さんは読みはしっかりしているけど、いつも録音レベルが1人だけ低いので聞き取り難い。カン・ソンヒさんが一番聞き取り易い。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-09-23 (金) 19:24:46