2018年7月12日ニュース抜粋

敬愛する最高指導者金正恩委員長の著作をロシアで出版

偉大な金正日総書記の朝鮮労働党中央委員会での活動開始54周年、敬愛する最高指導者金正恩元帥の朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長選出2周年に際して、金正恩委員長の不朽の著作「金正日的愛国主義を具現して富強な祖国の建設を推し進めよう」がロシアのアルトン出版社から、「ペクトゥの革命精神、ペクトゥの烈風精神で生き、闘おう」がロシアのラジオ・ソフト出版社から出版され、出版記念会がありました。

敬愛する最高指導者金正恩委員長に各国から祝電と祝賀の手紙が送られました

シンガポールでの朝米首脳対面と会談が成功裏に行われたことを祝って敬愛する最高指導者金正恩委員長に各国から祝電と祝賀の手紙が送られました。

祝電と祝賀の手紙を送ったのは、モンゴル大統領、クウェート国首長、元インドネシア共和国5大大統領、キルギス・アアラム党党首、インド人民党総裁、全インド進歩戦線中央委員会書記長、ドイツ共産党委員長、ロシア平和・統一党委員長、イタリア統一共産党書記長、チェコ共産党21中央委員会書記長、ギニア虹人民結集党書記長、コンゴ民主共和国共産党書記長、コンゴ民主共和国労働党書記長、セネガル独立労働党書記長、ドミニカ共和国統一左翼運動書記長です。

また、コンゴ労働党副書記長、コンゴ民主共和国のルムンバ主義統一党常任書記、スペイン人民共産党中央委員会国際担当書記、イタリア総合投資グループ理事長、チュチェ思想国際研究所事務局長、アジア地域チュチェ思想研究所理事長と書記長、欧州地域チュチェ思想研究会理事などロシア、ネパール、ミャンマー、インド、日本、デンマーク、ドイツ、ベラルーシ、スイス、スロベニア、オーストリア、イタリア、スペイン、ギニア、ベナン、セネガル、ザンビア、タンザニア、アンゴラ、アメリカ、ブラジル、ベネズエラ、 ニュージーランドの各界名士と国際機構、チュチェ思想研究組織、朝鮮の統一支持・友好団体の代表です。

祝電と祝賀の手紙は、朝米首脳対面と会談が成功裏に行われ、シンガポール朝米共同声明が採択されたことを受け、金正恩委員長に最も熱烈な祝賀と暖かい挨拶を送る、金正恩委員長の正しい導きの下に朝鮮人民が社会主義強国建設と国の自主的平和統一のために励んでさらなる成果を収めるものと確信する、と書いています。

一方、朝鮮労働党中央委員会にカナダ共産党中央執行委員会から祝電が送られました。

イランでの朝鮮の図書、写真、美術展

偉大な金正日総書記の朝鮮労働党中央委員会での活動開始54周年、敬愛する最高指導者金正恩元帥の朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長選出2周年、朝鮮とイランの外交関係設定45周年に際して、テヘランで朝鮮の図書、写真、美術展が行われました。

会場には偉大な金日成主席と偉大な金正日総書記の貴い革命的生涯と敬愛する最高指導者金正恩委員長の不滅の業績を見せる写真が掲げられていました。また、不世出の偉人たちの不朽の著作、チュチェの朝鮮の誇らしい現実と朝鮮人民の英知を見せる本と写真、美術作品が展示されていました。

オープニングセレモニーにイランの各界名士とイラン駐在朝鮮大使館の人たち、朝鮮の対外展覧総局代表団が参加しました。

一同、金日成主席の写真に花かごを捧げました。

ついで発言がありました。

キム・ヨンナム委員長が国連事務局人道問題調整室事務次長一行と懇談

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員の朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議常任委員会キム・ヨンナム委員長が11日、ピョンヤンのマンスデ議事堂で国連事務局人道問題調整室マーク・アンドリュ・ローコク事務次長一行の表敬訪問を受け、懇談しました。

急ピッチで進められている大プロジェクトの建設

共和国で、大プロジェクトの建設が勢いよく進められています。

タンチョン発電所の建設現場では、発電機室と水力構造物の工事が急ピッチで捗る中、この6月末まで水力構造物の建設で80万立方メートルの掘削工事と8万立方メートルのコンクリート打ち込みが行われ、タンチョン第5号、第6号発電所のダムと第1号発電所の水力構造物が建てられました。

また、ホンゴン島干潟地の第2段階開墾では、ピョンアン北道干拓地建設総合企業所の従業員みなの努力によって、第1号防潮堤の1回目の締め切り工事の7割が終わりました。

朝鮮で科学研究が活発

朝鮮で科学研究が活発に行われています。

ハンドクス・ピョンヤン軽工業総合大学では経済各部門に切実に必要なゼラチンを独特な方法で製造できる技術を開発し、現場に取り入れました。新開発のゼラチンは蛋白総量が95.5パーセントで、人体に必要な18種の必須アミノ酸と各種の必須多量及び微量要素をバランスよく含んでいるので、栄養学的価値がとても大きいばかりか、粘度、弾性、透明度などの全ての質的指標で輸入製品をはるかに上回る利点を持っています。複数の食品工場に衛生面で食品の安全性が保証されたこのゼラチンを導入した結果、経済的実益が大きいことが確認されました。

体育研究院の体育栄養研究所では、近年、国内の原料と資材、天然の薬の材料を利用した効能の高い栄養剤とスポーツ用飲料を開発し、種目別の選手の栄養調整プログラムも開発して、選手の栄養管理をより科学的に行なうようにしました。

国家科学院の芝研究分院では新種の芝だけでなく、他の芝の栽培に必要な各種製品も開発しています。

2018年世界人口の日にちなんだ討論会

11日、ピョンヤンの人民大学習堂で2018年世界人口の日にちなんだ討論会が行われました。

保健医療部門の人と関係者、国連人口基金の駐朝臨時代理代表をはじめ国際機構の駐朝代表部の人たち、各国大使館の人たちがこれに参加しました。

討論会で発言した人たちは、今年、国連人口基金が定めた「家族計画は人間の権利」と言うテーマに即して、再生産健康に対する医療ケアのクォリティーアップについて強調し、このたびの討論会が保健医療の発展の高い目標の達成に寄与するものと期待しました。

ついで「朝鮮での家族計画の実態」、「朝鮮民主主義人民共和国での家族計画の需要評価調査活動」、「朝鮮での家族計画の方法の利用の動態」などのテーマで発言がありました。

発言した人たちは家族計画の提供と目下の実態、調査実態と結果、国連人口基金の協力活動について述べました。

朝鮮保健相が国連事務局人道問題調整室事務次長一行と懇談

チャン・ジュンサン保健相が11日、ピョンヤンの人民文化宮殿で国連事務局人道問題調整室マーク・アンドリュ・ローコク事務次長一行の表敬訪問を受け、懇談しました。

国連事務局人道問題調整室事務次長一行がピョンヤン子供食品工場を見学

国連事務局人道問題調整室マーク・アンドリュ・ローコク事務次長一行がピョンヤン子供食品工場を訪れました。

この他、一行はチュチェ思想塔と朝鮮障害児リハビリセンター、ファンへ南道のウンリュル郡、シンチョン郡の協力プロジェクトなども見ています。

ロシアの団体がシンガポールでの朝米首脳対面と会談を歓迎して声明発表

シンガポールでの朝米首脳対面と会談を歓迎してロシア金日成・金正日主義研究所、朝鮮民主主義人民共和国との連帯グループ、モスクワ・チュチェ思想研究会、地域社会組織の「ボロジノ」、全ロシア・レーニン共産主義青年同盟がそれぞれ声明を出しました。

声明は、朝鮮の北と南の歴史的な首脳対面についでシンガポール朝米首脳対面で収められた成果は、尊敬する金正恩委員長の先見の明と抜きん出た政治の実力がもたらしたもので、世界は金正恩委員長の政治の実力を高く称えていると述べています。

2018.07.12の記事
 

ニュース抜粋2018


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-13 (金) 15:05:37