短波放送「朝鮮の声」より

pop hok -- YouTube
230203夕方の放送、7580kHzで受信

  • 2023.02.02 -- 230202夕方の放送、7580kHzで受信
  • 2023.02.01 -- 230201夕方の放送、7580kHz、9650kHzで受信
  • 2023.01.31 -- 230131夕方の放送、9650kHzで受信
  • 2023.01.30 -- 230130夕方の放送、7580kHzで受信
  • 2023.01.29 -- 230129夕方の放送、7580kHzで受信
  • 2023.01.28 -- 230128夕方の放送、7580kHzで受信
 
  • 公式サイト再生不可
    • 朝鮮労働党の新時代の党建設の路線(政治―政策 2023.01.20 サイト音声)
    • クイズ230120(質問;朝鮮民族のお正月の風習について 2023.01.20 サイト音声)
    • アニメ「かしこいタヌキ」(68)(コンテンツ―映画 2023.01.07 サイト動画)

伝染性疾病の発生と拡散を防ぐための防疫宣伝活動が深化

世界的な保健危機が引き続き悪化し、冬季条件の下でウイルス性呼吸器疾病の発生率が高まっていることに備えて、全ての部門と単位で防疫宣伝活動を深化させている。全ての住民が不審な物品、野生動物との接触を徹底的に禁止し、周囲で現れる不正常の傾向に対しても、最大の覚醒を持って対処するようにするのに力を入れている。国家非常防疫司令部では、最近、多くの国と地域で拡散しているオミクロン変異株の亜型に対するデーターと共に、ウイルス性呼吸器疾病の発生と拡散が及ぼす結果などを持って防疫宣伝を行うようにしている。人々が多く集まる場所は言うまでもなく、活動と生活の複数の工程と契機を利用して防疫宣伝を積極化するように要求の度合いを強めている。各級非常防疫単位でも、防疫活動の全ての要素が持つ重要性を認識し、これをおろそかにしたり、違反する傾向が絶対に現れないように宣伝活動を繰り広げている。各地の治療予防機関の医療従事者は、担当地域で病気の検査、検診を具体的にすると同時に、多様な形式の宣伝活動を行って大衆の防疫意識を向上させている。各種の呼吸器疾病の発生と拡散を防ぐための医学常識も解説してやって、誰もが健康な体で活動し、生活していくようにしている。
【平壌2月3日発 朝鮮中央通信】


特に政治的な意図はない。一時期ブームになった北朝鮮。律動体操や女性アナウンサーなどは面白いといえば面白かったけど、決してそれだけではない国、北朝鮮。現地に行くことは出来ないので、2012年から短波放送の受信を記録してみる。「朝鮮の声」の Webサイトに放送の内容が文書化されていたので、それも保存してみる。ものすごく不安定で使いにくいサイトだったので全部は収集できなかった。また、放送はされたが文書化されていないもの、文書化されてはいるが放送されなかったものも多数ある。画像も保存していたが不注意で消してしまった。これからは注意する。北朝鮮といえば「無慈悲」が一般的になっているが、短波放送では「情け容赦無い」がよく使われている。

基本的に文章はそのままにしているので、「て・に・を・は」がおかしい箇所がある。よほどひどい場合は直している。サイト上の文章は、たまに「ファンヘ北道」や「ファンヘ南道」のカタカナの「ヘ」が平仮名の「へ」になっていて検索にかからないので直した(直し忘れもある)。ローマ字や数字も半角にした。

※朝鮮語ではどうなのかは知らないが、どうしても先代の「国防委員長」という肩書は格が落ちたような感じがする。主席、総書記、元帥でよかったと思うけど。長いし。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-02-02 (木) 20:59:18