短波放送「朝鮮の声」より

pop hok -- YouTube
240717夕方の放送、11865kHzで受信

  • 2024.07.16 -- 240716夕方の放送、11865kHzで受信
  • 2024.07.15 -- 240715夕方の放送、11865kHzで受信
  • 2024.07.14 -- 240714夕方の放送、11865kHzで受信
  • 2024.07.13 -- 240713夕方の放送、11865kHzで受信
  • 2024.07.12 -- 240712夕方の放送、11865kHzで受信
  • 2024.07.11 -- 240711夕方の放送、11865kHzで受信

※主席の誕生日(太陽節)とは違い逝去30周年は推している
※5月23日から新人?が放送読みに参加
※崔鐘日に続きシン・ヨンイルも動静不明


農業生産に寄与する新技術製品を開発 朝鮮樹林貿易会社

朝鮮樹林貿易会社が、植物生長調節剤「スリム(樹林)1」号を開発した。同製品は、農作物の細胞分裂を促して根の活性を高め、分蘖(ぶんけつ)、穂当りの粒数と千粒重(せんりゅうじゅう)を増やし、穂の成熟を促す働きが強い。また、作物の生育期日を10日以上繰り上げることで二毛作に必須の有機合成製品として認められている。この植物生長調節剤を複数の農業生産単位に導入した結果、低収穫地でも安定した多収穫を裏付けることができ、立枯病、稲白葉枯病なども克服できることが実証された。他の生理活性剤と比べて稲と小麦、トウモロコシの田畑で実験したところ、植物生長調節剤「スリム(樹林)1」号が全ての指標上その効率と優越性がはっきり現れた。植物生長調節剤を海水微量要素生物活性剤と結合してより優れた効率的な植物生長活性剤「スリム(樹林)2」号を開発、導入する活動も深化している。
【平壌7月17日発 朝鮮中央通信】

科学的農法をとらえて農作物の成長を促す 両江道の各農場

両江道の各農場が、災害性異常気象の影響の中でも安定した多収穫をあげるための積極的な努力を傾けている。道農業経営委員会は、効能の高い肥料と農薬で農作物の成長を促すように営農技術指導を強化している。道農業科学研究所の研究士たちが土壌の分析資料に基づいて培養した微生物種菌を道内の各農場に送った。三池淵市が、地方の原料をもって生産した有機肥料で農作物の肥培管理を科学技術的に行うよう技術指導を深化させている。中興農場とフンゲス農場などの勤労者が、地力の改善によい菌と炭酸化自給肥料の生産を昨年より増やし、科学的な施肥方法を活用してジャガイモの生育によい条件を整えている。大紅丹郡の各農場は、いろいろな微量要素が含まれている有機肥料を利用して農作物の栄養状態を改善している。白岩郡の勤労者が、作業班ごとに有機肥料生産施設を設けて効能の高い栄養液を生産して葉追肥として施している。普天郡、三水郡、甲山郡の各農場も、農作物の生育後半期の肥培管理に手間をかけている。
【平壌7月16日発 朝鮮中央通信】

女流詩人―許蘭雪軒

16世紀の女流詩人であった許蘭雪軒(1563~1589)は、古典小説『洪吉童伝』を著した許筠(1569~1618)の姉である。彼女は、幼い頃から聡明で、目だって美しい容貌から女神童と呼ばれた。彼女は5歳から詩を詠じたという。父親の許曄は、彼女に文章を教えなかった。当時には、女性に文章を教えることを好ましいことと見ていなかったからであった。彼女は兄の勉強するのを覗き込んで読み書きを覚え詩を詠じたが、人一倍聡明であったので兄より多くの文章を読み、詩をつくった。娘時代だけでなく、嫁に行って子息を産み育てながらも詩を詠じていた彼女は、夭折した。彼女は、当代女性の生活上の苦痛と体験世界を反映したすぐれた詩作品を創作することによって、16世紀に活動した代表的な女流詩人の一人となり、詩文学の発展に寄与した。文集としては、彼女の詩を集めた「蘭雪軒集」が伝えられているが、この詩集は当時朝鮮の女流詩文学の発展振りを見せる重要な資料となっている。
コ・チョルファ
(Naenara 2024.07.15)


特に政治的な意図はない。一時期ブームになった北朝鮮。律動体操や女性アナウンサーなどは面白いといえば面白かったけど、決してそれだけではない国、北朝鮮。現地に行くことは出来ないので、2012年から短波放送の受信を記録してみる。「朝鮮の声」の Webサイトに放送の内容が文書化されていたので、それも保存してみる。ものすごく不安定で使いにくいサイトだったので全部は収集できなかった。また、放送はされたが文書化されていないもの、文書化されてはいるが放送されなかったものも多数ある。画像も保存していたが不注意で消してしまった。これからは注意する。北朝鮮といえば「無慈悲」が一般的になっているが、短波放送では「情け容赦無い」がよく使われている。

基本的に文章はそのままにしているので、「て・に・を・は」がおかしい箇所がある。よほどひどい場合は直している。サイト上の文章は、たまに「ファンヘ北道」や「ファンヘ南道」のカタカナの「ヘ」が平仮名の「へ」になっていて検索にかからないので直した(直し忘れもある)。ローマ字や数字も半角にした。

※朝鮮語ではどうなのかは知らないが、どうしても先代の「国防委員長」という肩書は格が落ちたような感じがする。主席、総書記、元帥でよかったと思うけど。長いし。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-07-08 (月) 20:55:34