短波放送「朝鮮の声」より

pop hok -- YouTube
220127夕方の放送、7580kHz、9650kHzで受信

  • 2022.01.26 -- 220126夕方の放送、9650kHzで受信
  • 2022.01.25 -- 220125夕方の放送、9650kHzで受信
  • 2022.01.24 -- 220124夕方の放送、9650kHzで受信
  • 2022.01.23 -- 220123夕方の放送、9650kHzで受信
  • 2022.01.22 -- 220122夕方の放送、7580kHz、9650kHzで受信
  • 2022.01.21 -- 220121夕方の放送、9650kHzで受信

好評を博するウナギ骨の飴

naenara220127_01.jpg

平壌第1百貨店、普通江百貨店をはじめ首都の各百貨店で販売されているウナギ骨の飴がユーザーの人気を集めている。ウナギの骨と咳や痰を静めるのに特効があるモロコシ飴、老化防止と栄養強化作用によいヤマイモ、アマドコロ、万能薬と呼ばれる蜂蜜を原料にして作った同飴は、体内の老廃物と中毒物質を体外に排出する作用をする。また、胃炎、膵臓炎、腎臓炎、痛風、肝炎、結核、糖尿病、リューマチ関節炎など骨疾患の治療と予防によいだけでなく血圧を安定させ、利尿作用をする。ユーザーの話によると、同飴を食べ始めて3日後から消化はもとより元気になったという。また、病気の治療時、同飴を食べながら間接灸、吸いふくべのような高麗治療を結合するとより効き目があるという。ウナギ骨の飴は平壌の綾羅島食品生産所で生産されている。
(Naenara 2022.01.27)

朝鮮民族の悠久な歴史と燦爛たる文化固有の民族文字―訓民正音

朝鮮固有の民族文字である訓民正音が創製された時から、578年になった。訓民正音は、鄭麟趾、成三問など当時の優秀な学者たちによって、444年月(陰暦443年2月)に創製された。創製当時の基本文字の数は、子音7字、母音字の合わせて28字であった。これに関連して454年に編さんされた「世宗実録」25年2月条には、「今月に…言文28字をつくったので…これを訓民正音と言う」と記されている。訓民正音は、さまざまな優秀性を持っている。舌、唇、喉のような発音器官の模様をまねて基礎文字を作り、これらを基本にして音声の特性に合わせて画を加えたり、二つ、または三つの文字を合わせるなど、体系性あるものに作られた。学びやすく、書くのに便利であるのも、訓民正音の長所の一つである。訓民正音の創製は、朝鮮民族語の規範を立て、それによる言語生活の統一性を保障できる可能性をもたらした。朝鮮民族の創造的知恵と才能が反映された訓民正音は、世界の文字発展においても特出した位置を占めている。訓民正音創製の原理は、チュチェ06(207)年に国家無形文化財に登録された。
【平壌月27日発 朝鮮中央通信】

今年に現れる天文現象

わが国で、今年に多くの天文現象が現れる。記者とのインタビューで、国家科学院平壌天文台の姜昌赫室長が上記のように述べた。特に注目されるのは、2月5日(小正月)に満月を見られないということである。この日に月は、平壌時間で6時36分頃に昇り、やや傾く。満月は、2月7日に見られる。今年の最も大きい月は、8月2日20時2分頃に見られる。月8日に、皆既月食現象も現れる。同日の皆既月食開始時間は8時9分頃、最大食尽時間は20時分頃、終了時間は2時45分頃である。
【平壌月27日発 朝鮮中央通信】

わが民族が創造した5つの料理加工原理

英知に富み、才能のあるわが民族は、昔から特色ある料理を多様に作って利用した。その過程にいろいろな料理加工原理を探し出し、発展させてきたが、今日もその原理は人々の健康に大きく役立っている。一番目の料理加工原理は、陰陽調和である。これは、動物性材料と植物性材料を適切に配合して加工することで、料理の味が互いに調和するようにすることである。二番目に、5味相生であるが、この原理は鹹味(かんみ)と酸味、酸味と苦味、苦味と甘味、甘味と辛味、辛味と鹹味が密接な関係を持って互いに補いながら、料理の固有な味を出すということである。5つの味が互いに抑制する性質を利用しておいしい味を出すようにするという5味相克を三番目の加工原理として定立した。長い食生活過程にわが人民は苦味は辛味によって、辛味は酸味によって、酸味は甘味によって、甘味は鹹味によって、鹹味は酸味によってそれぞれ抑制されて、ほどよい味が得られるということを把握し、これに基づいてさまざまな料理を作って食べた。
【平壌1月25日発 朝鮮中央通信】


特に政治的な意図はない。一時期ブームになった北朝鮮。律動体操や女性アナウンサーなどは面白いといえば面白かったけど、決してそれだけではない国、北朝鮮。現地に行くことは出来ないので、2012年から短波放送の受信を記録してみる。「朝鮮の声」のWebサイトに放送の内容が文書化されていたので、それも保存してみる。ものすごく不安定で使いにくいサイトだったので全部は収集できなかった。また、放送はされたが文書化されていないもの、文書化されてはいるが放送されなかったものも多数ある。画像も保存していたが不注意で消してしまった。これからは注意する。北朝鮮といえば「無慈悲」が一般的になっているが、短波放送では「情け容赦無い」がよく使われている。

基本的に文章はそのままにしているので、「て・に・を・は」がおかしい箇所がある。よほどひどい場合は直している。サイト上の文章は、たまに「ファンヘ北道」や「ファンヘ南道」のカタカナの「ヘ」が平仮名の「へ」になっていて検索にかからないので直した(直し忘れもある)。ローマ字や数字も半角にした。


「朝鮮の声放送」Webサイト上の音声・映像だけで提供されて短波放送されなかったもの、サイト上で文書化されていないもの、放送されたが録音していなかったもの、サイト掲載文書を保存し忘れたもの等のタイトルだけの一覧。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-01-28 (金) 19:30:46