短波放送「朝鮮の声」より

pop hok -- YouTube
240220夕方の放送、9650kHzで受信

  • 2024.02.19 -- 240219夕方の放送、7580kHz、9650kHzで受信
  • 2024.02.18 -- 240218夕方の放送、7580kHz、9650kHzで受信
  • 2024.02.17 -- 240217夕方の放送、7580kHz、9650kHzで受信
  • 2024.02.16 -- 240216夕方の放送、7580kHz、9650kHzで受信
  • 2024.02.15 -- 240215夕方の放送、7580kHz、9650kHzで受信
  • 2024.02.14 -- 240214夕方の放送、7580kHz、9650kHzで受信

※240118から冒頭の金日成・金正日の歌が曲だけのものに変わった
※新人?の声で曲紹介をするようになった。


才能ある機械設計専門家

naenara240220_1.jpg

平壌機械大学室長のキム・ウォンチョルさんのことを人々は才能ある機械設計専門家だと言っている。今まで、彼は油圧式黒鉛電極棒押出機と瓶入箱機ライン、天然物抽出装置など、人民経済の各部門に切実に必要な機械設備を当該単位の実情に即して設計して生産工程の近代化、自動化に大いに寄与した。彼の設計は、常に各工場の現存の生産条件に合わせて、製作コストを最大限に下げながらも実利があるようにするのが特徴である。2022年に平壌陶磁器工場にタイル生産工程を確立するための設計を引き受けたときであった。この生産工程もタイル生産に利用されるハンマー粉砕機をはじめ各種の粉砕機と選別機、攪拌機、混合機、コンベヤーなど数十種に及ぶ機械設備を必要としていた。彼は設計に先立ち他の工場のタイル生産設備を具体的に調べた。それに基づいて、彼は平壌陶磁器工場の実情に合わせてタイル生産工程に必要な機械の設計をしていった。特に、隔膜ポンプはタイル成形に必要な粉末原料を生産するための原料準備工程に必要な設備で高い技術的指標を求めた。彼は世界的に広く利用されている隔膜ポンプの類型と構造作用原理を検証し、それに基づいて工場の実情に合うポンプを設計、製作した。このポンプは潜水ポンプなどの長点をもっているとともに、構造と設置、補修が簡単であった。だけでなく、彼は移送コンベヤーと二軸スクリュー混合機などすべての機械設備の設計と製作における科学技術上の問題を円滑に解決してタイル生産工程を立派に完成するのに寄与した。研究成果が増えるほど彼は満足を知らず、より高い目標に向けて奮発した。この日々、彼は2・16科学技術賞を受賞し、60余の発明証書と科学技術成果導入証をはじめ各種の証書の所持者、10月8日模範教育者になり、2022年には平壌市最優秀科学者、技術者に選定された。後進の育成にも力を入れて彼は10余名の学位取得者を養成した。今日も彼は、地方産業工場の近代化に寄与する機械設備の設計及び製作における科学技術上の問題を解決するのに自分の情熱をささげている。
キム・イェリョン
(Naenara 2024.02.20)

国家無形遺産―洋琴製作方法

朝鮮人民は長い歴史的期間、優れた民族楽器を製作して音楽と舞踊の発展に寄与してきた。その中には、民族打弦楽器である洋琴もある。洋琴は朝鮮で18世紀に使用し始めた。当時の洋琴は大きさがかなり小さく、台形の木製の胴に枕木を備え、そこに鉄線を乗せたものを左手に持ち上げ、右手では竹製の細い棒を持って打ち鳴らした。楽器の弦が鉄線になっているので清く、物悲しいながらも独特な音色をもっているが、音域が狭く音響が豊かでなくて余音がそれぞれ持続され、自由に転調できないなど、一連の欠陥を持っていた。1960年代に改良されたが、在来式洋琴の欠陥が克服されて朝鮮人民に愛される民族楽器となった。洋琴製作には主にエゾマツ、イタヤカエデ、マンシュウカエデが利用される。共鳴胴は、表板、裏板、表縁板、裏縁板、中縁板、糸巻板、棹板などからなっている。演奏するとき、音が必要以上に長くなるのを防ぐために音止め装置を新たに設置した。現在の洋琴は以前のものより音域が広くなり枕木は真鍮を鋳造して作り、糸巻で音程を調節するようになっている。洋琴の棒はよく折れず弾性のよい竹でつくり、棒の先に圧搾した羊毛の綿を貼り付ける。洋琴製作方法は国家無形文化遺産に登録された。
朝鮮民族遺産保存社無形遺産研究室室長 チョ・イルギョン
(Naenara 2024.02.19)

naenara240219_1.jpg
naenara240219_2.jpg
 

好評を博する血栓溶解剤―コリラギンカプセル

naenara240218_1.jpg

九龍山製薬所で製造したコリラギンカプセルがはっきりした薬理効果によって人々の関心と人気を集めている。わが国に豊富な植物性高麗薬材から有効成分を分離して製造したコリラギンカプセルは血栓溶解促進作用と血小板活性化抑制作用、血管拡張作用をするという。この薬はこれまでの血栓溶解剤とは違って静脈注射ではなく、服用する方法でも血液の中に早く吸い込まれて血管内に生じた血栓を分解する特性をもっている。キム・ソンシム研究士の話によると、この薬は血栓と頭痛、目眩、手足のしびれ、心臓部位の疼痛など血液循環障害によって発生するさまざまな疾病と症状を治療する上ではっきりした効果を現すことによってユーザーの好評を博しているという。
コ・ジンボム
(Naenara 2024.02.18)


特に政治的な意図はない。一時期ブームになった北朝鮮。律動体操や女性アナウンサーなどは面白いといえば面白かったけど、決してそれだけではない国、北朝鮮。現地に行くことは出来ないので、2012年から短波放送の受信を記録してみる。「朝鮮の声」の Webサイトに放送の内容が文書化されていたので、それも保存してみる。ものすごく不安定で使いにくいサイトだったので全部は収集できなかった。また、放送はされたが文書化されていないもの、文書化されてはいるが放送されなかったものも多数ある。画像も保存していたが不注意で消してしまった。これからは注意する。北朝鮮といえば「無慈悲」が一般的になっているが、短波放送では「情け容赦無い」がよく使われている。

基本的に文章はそのままにしているので、「て・に・を・は」がおかしい箇所がある。よほどひどい場合は直している。サイト上の文章は、たまに「ファンヘ北道」や「ファンヘ南道」のカタカナの「ヘ」が平仮名の「へ」になっていて検索にかからないので直した(直し忘れもある)。ローマ字や数字も半角にした。

※朝鮮語ではどうなのかは知らないが、どうしても先代の「国防委員長」という肩書は格が落ちたような感じがする。主席、総書記、元帥でよかったと思うけど。長いし。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-02-21 (水) 21:03:57