自力更生は飛躍をもたらす

厳しい抗日革命闘争の時に生まれた自力更生は、朝鮮人民固有の闘いの方式です。この自力更生の伝統があって、朝鮮人民は万難を排して、勝利一路を辿ることができました。

チュチェ47(1958)年11月、偉大な金日成主席は当時のキヤン機械工場を訪れました。主席は、労働者たちが自力更生の精神を発揮して造った「チョンリマ1号トラクターを見て、素晴らしいと高く評価しました。そして、あなたたちが奮闘した結果、また一つの技術神秘主義と保守主義が粉砕された、と大変喜びました。

農業の機械化に欠かせない「チョンリマ」号トラクターが生まれたのがとても嬉しくて高く評価する主席を仰ぐ工場の人たちの胸は熱くなりました。「チョンリマ」1号トラクターの製作、それは主席の正しい導きを抜きにして想像もできない奇跡のようなものでした。

当時、保守主義者は機械から飯は出ないとし、さらには共和国で機械を生産するのは時期尚早だと言いました。こうした時のチュチェ47(1958)年9月、金日成主席は党中央委員会総会を開いて、「鉄と機械は工業の王である!」というスローガンを示しました。そしてキヤン機械工場の労働者たちを先頭に立たせました。

主席のアピールに応えてキヤンの労働者たちは自力で必ずトラクターを造る一念に燃えて、トラクターの製作に取り掛かりました。主席は何度も工場に出て、新しくつくったトラクターの部品の生産の状況とその質について見聞きし、これぐらいならトラクターは製作できると力づけました。

そして農業機械を造って農村を機械化すれば、より多くの穀物を生産できる、つまるところ、そうなれば機械から飯が生まれることになる、と言って、労働者たちに機械工業の重要さについてわかりやすく教えました。

主席の現地指導に励まされた労働者たちは技術神秘主義と保守主義を打破してトラクターの製作に拍車をかけました。こうしてテスト製作が始まって一ヶ月ぶりに試作品のトラクターを生産し、試運転をしました。

ところがトラクターは前でなく後ろへと動きました。朝鮮の労働者が造った初のトラクターが後ろへと動くということを聞いた主席はトラクターが後ろへ動くのは前へも動くことができるということを見せていると言って、明るく笑いました。

キヤンの労働者たちはまたもやトラクターを分解し、7日間の作業を経て、ついにトラクターの完成品を出しました。成功のその日にまたもや工場を訪れた主席は、労働者たちを頼もしく眺めて、初のトラクターを「チョンリマと名づけました。

主席の細やかな指導によって、素手で「チョンリマ」1号を製作したキヤン機械工場は今、現代的で総合的なトラクター生産工場となり、自力更生は飛躍をもたらすという真理を実践で示したところとして朝鮮人民の間に広く知られています。

IKE171009033_001.jpg
2017年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-24 (金) 14:51:23