引き伸ばされた操業式

チュチェ44(1955)年にあったことです。

戦後の復興建設が行われていた時期で、当時のピョンアン南道*1カンソ郡*2に偉大な金日成主席の教えにのっとり、農業機械製作所が建設されました。

工場は消極性と保守主義を克服するといって、大きい規模で建てられました。一方では工場が大き過ぎるのでは、という心配もありました。ところが金日成主席は工場を見て、操業式を引き伸ばそう、規模が小さい、これぐらいの工場で農業の機械化ができると思うのかと言いました。

工場を大きく拡張しようという主席の言葉に周りの人たちは驚きました。もともと工場は総合脱穀機、除草機、送風機などの生産を予見していたので、規模もそれにあわせて建てられました。こうして工場の操業式は引き伸ばされ、拡張工事が行われました。

チュチェ47(1958)年10月、金日成主席は工場を訪れて、トラクターを生産する課題を与えました。その時初めて工場の人たちは3年前、操業式を引き伸ばすようにした主席の意図が分かりました。

このように建てられた工場が威力を発揮している今のクムソン・トラクター工場です。

IKE171212021_011.jpg
2018年の記事


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 平安南道(평안남도)
*2 江西郡(강서군)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-05 (金) 22:23:00