朝鮮初のブルジョア改革

甲申の政変は、朝鮮初のブルジョア改革です。1884年の甲申の年に起きたことから、歴史ではその呼び名で通用しています。甲申の政変は、社会の近代化を目指す合法則的要請を反映して起きました。

社会科学院歴史研究所の研究室主任、博士、助教授チュ・ソンチョルさんのお話です。

「19世紀中頃、階級的、民族的矛盾が鋭くなりました。人民は封建支配層と外来侵略者に反対して闘う一方、封建支配制度の改革と国の富強を求めました。その情勢下で、1850年代の資本主義的関係の発展と共に芽生え始めた開化思想はその後、次第に成熟し、思想の探究から先進思想の具現へと実行段階に移りました。こうして、1870年代初め、キム・オクキュンを中心とする新たな政治勢力の開化派が成立しました」

開化派はある程度伸張すると、秘密結社を組織し、大衆を集結しました。各階層からなる開化派の采配をとったのは、キム・オクキュンのような貴族出身の開明な知識層で、封建政府の要職に就いていた官僚たちでした。外来侵略の阻止、国権守護、封建制度の革新、国の近代化を目的に改革活動を行いました。キム・オクキュンをはじめ開化派は、元々国政改革の方法でブルジョア改革を実現しようとしました。

しかし、その活動は保守的な反動支配層の反抗にぶつかりました。すると、国政改革のような平和な方法ではブルジョア改革を断行できないことを認め、暴力に訴えて反動政権を覆す計画を立てました。こうして、勢力の拡大と共に、1884年春から政変の準備に拍車をかけました。政変の日取りと具体的な行動計画を決め、密かにその準備を進めて、1884年10月17日、政変を起こしました。

政権を握った開化派は10月18日、新政府の構成を全国に公布し、各国の公使館、領事館に正式に通知し、19日は14ヶ条の政綱を発表しました。政綱には、政治、経済、文化、軍事など社会政治生活の各分野で古い封建制度を資本主義制度に改革することが示されていました。しかし、国の近代化を望まなかった敵対勢力の悪辣な妨害によって、政変3日後、開化派の政府は崩れ去り、ブルジョア改革は「三日天下」に終わりました。

1884年のブルジョア改革は、朝鮮の社会発展の合法則的過程に起きた進歩的で愛国的な性格を帯びたブルジョア改革で、朝鮮の近代史において画期的な意義を持つ出来事でした。

(観光)

IKE180104008_001.jpg
2018年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-25 (日) 20:59:31