朝鮮の近代化を目指した金玉均

金玉均、キム・オクキュンは、朝鮮の歴史でブルジョア改革運動の先駆者として知られた人物です。1851年1月に生まれ、1894年2月まで活動しました。金玉均は、封建政府の官吏でしたが、時が経つにつれ腐りつつある封建制度に嫌悪を感じ、外来侵略者に対する反感を抱くようになりました。

当時、国内では外来侵略者に反対し、封建支配制度の改革と国の発展を求める人民の闘争気運が日を追って高まりました。この様な情勢下で金玉均は、朝鮮で芽生え始めたブルジョア思想である開化思想に共感し、封建制度を革新する決心を固めるようになりました。

こうして1874年を前後した時期に国の近代的変革を目指す新しい政治勢力である開化派が形成され、金玉均は開化派の代表人物として登場しました。最初、金玉均は、国政改革の方法でブルジョア改革の課題を実現しようとしました。

行政機関の一部を改め、新式軍隊と近代的な学校を設立し、朝鮮初の新聞である「韓城旬報」の発刊と人材育成のため外国派遣など開化活動を積極的に繰り広げました。

しかし、開化派の活動は、次第に反動的な封建支配層の反抗にぶつかりました。封建支配層は開化派が収めた成果を抹殺しようとし、金玉均を始め開化派の中心人物を殺害する陰謀まで凝らしました。このような条件で金玉均は、平和的な改革でなく政変の道を選ばざるを得ませんでした。

開化派は、政変の綿密な準備に基づいて1884年10月17日、政権を掌握しました。開化派は、新しい政府の構成を全国に公布し、14カ条からなる新しい政綱を発表しました。その内容は、国を近代的に発展させ、あらゆる外部勢力を退き、独立を強固にすることでした。

しかし、1884年のブルジョア改革は内外の反対勢力の攻撃と日本の裏切り行為により「三日天下」に終わってしまいました。1884年のブルジョア改革を一名、甲申政変と呼んでいます。改革は、失敗したものの当時、朝鮮の社会発展の合法則的過程を反映した進歩的で愛国的な性格の朝鮮の歴史上初のブルジョア改革でした。

金玉均は、その階級的制約と戦略戦術の未熟さによりブルジョア改革を成功へと導くことは出来ませんでしたが、改革はその後、朝鮮のブルジョア民族運動の発展を促しました。

金玉均の著書には、「箕和近事」、「甲申日録」などがあります。

2012年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-07 (金) 18:22:33