威嚇と恐喝による不法文書

1885年1月9日に締結された「ハンソン条約(漢城条約)」は、日本が朝鮮封建政府に強要して作り上げた不平等な条約の一つです。

1884年朝鮮ではブルジョア改革の為の「甲申政変」が起こりました。朝鮮が近代発展を遂げる場合、朝鮮を独占的植民地にしようとの自分の侵略計画が水の泡になる事を恐れた日本侵略者達は、権謀術数を巡らして甲申政変を破綻させました。日本は甲申政変の失敗を機に朝鮮に対する侵略策動に一層躍起になりました。

甲申政変の時、朝鮮封建王朝の首都であった漢城、今のソウルの住民は日本公使館を囲い込み、朝鮮に対する侵略策動を糾弾しました。これに怖れをなした日本公使竹添は、自ら公使館に火を点け仁川に逃げ込み、日本政府に侵略武力を朝鮮に派遣して報復措置を取る事を求めました。

中央階級的教育館イ・ジョンポクさんのお話です。

「機会を狙っていた日本侵略者は軍事的脅威の方法で朝鮮封建政府を屈服させ、朝鮮に対する侵略を急ぐ目的から井上を全権代表として派遣しました。侵略武力まで率いて漢城に入った井上は甲申政変当時、自分達が被った被害の補償を口実に、朝鮮封建政府に侵略条約の締結を強いたのです」

日本侵略者は漢城条約で、甲申政変関連の全ての事態の責任を朝鮮封建政府に擦り付け、条約を通じて朝鮮封建政府から巨額の賠償金を取り付けました。漢城条約の締結で日本は、朝鮮を政治、経済、軍事の面で更に従属させる条件を作りました。その後日本は膨大な侵略武力を動員して不法極まりない条約を捏造しました。日本は常套手段のこの強盗宛らの侵略条約を作り上げて、朝鮮を占領し前代未聞の犯罪を働きました。

にも拘らず今、日本の反動勢力は、朝鮮民族に犯した過去の罪に対して深く反省し賠償するどころか、朝鮮に対する植民地の歴史を美化し再侵略の機会を狙っています。朝鮮人民は過去の罪の責任を回避しようとの日本とあくまで計算し、百倍、千倍の代償を支払わせる意思を固めています。

歳月が流れ世代が代わる事があっても朝鮮人民は、宿敵日本と必ず総決算するでしょう。

(時事評論)

2018.01.08 サイト音声の聞き書き
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-09 (火) 20:50:59