高麗の文化

コリョ、高麗は918年から1392年まで存続した朝鮮の封建国家です。コリョの文化は他の国に比べて優れていました。特に金属活字の発明と新たな磁器技術の創造火薬と火薬兵器の製作などは重要な位置を占めています。コリョの金属活字は世界最初のものです。

社会科学院の研究者、助教授チュ・ソンチョルさんのお話です。

「金属活字の使用についての最も古い記録は1234年から1241年の間に再販された「古今詳定礼文」という本の序文です。歴史の記録と遺物によって朝鮮で金属活字が発明された時が11世紀末から12世紀始めの時だと言うことが科学的に証明されました。これは1423年、オランダと1450年、ドイツで初めて発明された金属活字よりずっと前のことです」

金属活字で印刷された本の中で1377年に出版されたコリョの「直指心経」という仏教経典は世界に残っている金属活字の本としては最も古いものに認められています。

コリョ磁器も有名です。英知に富み、才能あるコリの人は伝統の技術に基づいて色と形、さまざまな文様のコリョ磁器を作りました。その中で一番美しく有名なのがコリョ青磁と呼ばれる焼き物です。コリョ青磁の独特な色を翡色といいますが、これに文様装飾法を適用した青磁は当時、他の国では作れないものでした。

コリョ時代にまた火薬製造法が発明され、火薬兵器が製作されました。軍事指揮官であったチェ・ムソンは1350年頃からおよそ20年間、努力して火薬製造法を成功させ、これに基づいていろいろな兵器を作りました。火薬と火薬兵器の威力は1380年にあったチンポ海戦で初めて発揮されました。

このようにコリョ時代に優れた文化が創造されて、人類の文化財を豊かにしました。発達した文化と共に各分野で急速な発展がなされ、コリョの名は世に知られました。

今、世界で通用されるコレアという名もコリョの名から由来したものです。

2013年の記事
 

コリョ、高麗は918年から1392年まで朝鮮の歴史に存続した封建国家です。コリョの文化は当時、他の国の中世文化に比べて優れていました。コリョの文化の発展で重要な位置を占めるのは金属活字の発明、新たな陶磁器技術の創造火薬と火薬兵器の製作などです。コリョの金属活字は世界最初のものです。

社会科学院の研究者で助教授のチュ・ソンチョルさんのお話です。

「金属活字の使用で最も古い記録は、1234年から1241年の間に再版された『古今詳定礼文』という本の序文です。歴史記録と実物資料によって朝鮮で初めて金属活字を発明した時期が11世紀末から12世紀初めであることが科学的に証明されました。これは、1423年、オランダと1450年、ドイツで初めて発明された金属活字より、ずっと早いものとなります」

金属活字で印刷した本の中で1377年に出版された「直指心経」という仏教を記した本は、今、世界に残っている金属活字本(かつじぼん)の中で一番古いものと認められています。

コリョ磁器も有名でした。コリョの人々はその前の時代の成果を踏まえて色あいと形、模様が多様な磁器を造りました。特に、翡翠の色の下地に独特な文様を刻みつけた青磁は、その当時、他の国では作れないものでした。

また、コリョ時代に火薬の製造法が発明され、火薬兵器が製作されました。軍事指揮官だったチェ・ムソンは、数年間の絶え間ない努力と度重なる実験を経て火薬の製造法を完成し、それに基づいて様々な火薬兵器の発明に成功しました。この時、作られた火薬兵器は、火砲と新砲などです。火薬と火薬兵器の威力は、1380年のチンポという海戦で初めて誇示されました。

このように、コリョの人々は、優れた文化を創造して人類文化の宝庫を豊かにしました。今、世界諸国語で朝鮮を指す言葉はまさにコリョ国の名から由来したものです。

2015年、2016年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-27 (月) 12:43:16