公使館に火をつけたのは

1884年10月、太陽暦で1884年12月に駐朝日本公使館が焼き払われる事件が生じました。公使館に火を点けたのは誰で、その目的は何でしょう?

当時、朝鮮では近代的な改革運動が繰り広げられていました。1884年10月、改革派によってブルジョア改革の為の甲申の変がありました。その時朝鮮に対する侵略を執拗に追及していた日本侵略者は、朝鮮が近代的発展を遂げる場合、朝鮮を独占的な植民地にしようとの自分の侵略計画が失敗に終わる事を見越して甲申の変を破綻させようとしました。別けても変の際改革派を助けるとの約束を破って、いざという時に裏切る事で変の失敗を招きました。日本侵略者は甲申の変の失敗を機に朝鮮に対する侵略に本腰を入れようとしました。

社会科学院の歴史研究所の研究者チェ・ミョンウォン*1さんのお話しです。

「甲申の変の際、ハンソンの愛国的住民は日本公使館を包囲し日本の朝鮮侵略策動を断固糾弾しました。これに恐れを為した日本公使竹添は自ら公使館に火を点けて逃げました。そして事実を歪曲した報告書を自国政府に提出し報復措置を執る事を求めました。日本政府はこれを朝鮮を侵略する為のチャンスと見做して「朝鮮人が日本公使館を襲撃して放火した、日本居留民が殺された」等と言って、7隻の軍艦と2個大隊の侵略武力を朝鮮に派遣しました。1884年11月、太陽暦1885年1月にハンソンに入った日本侵略者は甲申の変の時受けた所謂被害を補償するべきだという口実の下、朝鮮封建政府に侵略条約の締結を強要し11月24日、太陽暦1885年1月9日にハンソン条約(漢城条約)を強制締結しました」

条約には、朝鮮が日本に謝りの意を表する事、甲申の変の時殺害された日本人の遺族と負傷者を救済する為多量の賠償金を支払う事、新築する日本公使館の建物の敷地を十分提供しその費用を支払う事等が規定されていました。

ハンソン条約の締結の過程を見ましても分かりますが、これは日本侵略者の狡猾さ・悪辣さ・侵略的本性をそのまま物語るものです。

(時事評論)

2021.01.08の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 聞き書きなので名前は間違っているかも知れません。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-01-09 (土) 20:25:17