高麗

コリョ、高麗ですが、コリョは918年から1392年まで存続した封建国家です。朝鮮初の封建国家である千年強国コグリョ、高句麗を継承した国でした。始祖王はワンゴンです。王に、建てるの建の字を書きます。コリョの都はケソン*1でした。

ケソンには、コリョ時代の歴史を見せるコリョ博物館があり、始祖王ワンゴンの陵があります。ワンゴンは、コグリョの昔の領土を回復し、国土を統一することを第一の国事としました。同じ民族の国であるペクチェ、百済とシンラ、新羅を統合し、パルヘ、渤海が滅びたあと、その遺民を積極的に包容しました。こうして20年近くの間に朝鮮半島領域の殆どを統合しました。

コリョは強い国防力を持っていました。コリョの軍隊と人民は、10世紀の末から11世紀の初めに、3回に渡る外敵の侵略を退けて国土を守り、民族の尊厳を轟かしました。また、火薬と火薬兵器を製作して世界で初めて海戦に利用しました。英知に富み、才能あるコリョの人たちは金属活字の発明、コリョ磁器の製造など優れた文化をつくりあげました。

11世紀の末から12世紀の初めに世界初の金属活字を発明しましたが、これは1423年のオランダ、1450年のドイツの金属活字よりはるかに先のものとなります。金属活字で印刷した本に、1377年に出版された「直指心経」という仏教経典があります。これは今の世界に残っている金属活字の本の中で最も古いものとされています。ユネスコは1972年を「国際図書の年」とし、その催しの一つとしてパリに設けた「本の歴史」展覧館に「直指心経」を展示しました。

コリョ磁器も有名でした。コリョ磁器は地色が色々ですが、なかでも翡色の磁器は世界の人たちに宝のように珍重されたと言います。

朝鮮民俗博物館の研究室主任キム・ミョンシムさんのお話です。

「翡色は、朝鮮の輝くばかりに青く澄んだ空を象徴するかのような清く明るく、しかもほんのりした色です。朝鮮民族は昔から高尚な趣味をもっていて、このように鮮明ながら薄い色が好きでした。この翡翠色の磁器を青磁といい、コリョ磁器を意味する代名詞のようになりました」

このようにコリョ時代に各分野に渡って急速な発展が遂げられ、コリョの名は世界に広く知られました。世界の人が朝鮮をコレア、コリアと呼んでいますが、この呼び名はまさにコリョ、高麗に由来するものです。

2012年の記事
 

コリョ、高麗は918年から1392年まで存続した朝鮮の封建国家です。

ワン・ゴンによって建てられました。ワン・ゴンは千年強国だったコグリョ、高句麗を引き継ぐという意味から国号を「コリョ」とし、都を今のケソン*1に定めました。紀元前277年から紀元668年まで存続したコグリョは朝鮮の歴史上もっとも強大な国でした。

社会科学院歴史研究所の博士、助教授のチュ・ソンチョル研究室主任はこう語ります。

「コリョの建国は朝鮮民族の歴史の発展で重要な歴史的意義があります。その意義は千年強国だったコグリョを引き継いで民族の正統性を繋いだことにあります。また、国土統一の歴史的偉業を完成することにより、民族の統一的な発展のためのターニングポイントをもたらしました。そして、経済と文化の発展により、世界に『コレア』という名で朝鮮民族の尊厳を大きく轟かせました」

成立後、コリョは同じ民族の国々を統合し、コグリョの昔の領土を取り戻すために励みました。それでコリョの領域は今の朝鮮の範囲のほぼ全体を包括するようになりました。コリョは絶え間ない外来侵略者の侵入から国と民族の自主権を固く守り、統一民族の英知と才能、尊厳と気概を余すところなく発揮しました、

コリョの文化やはりほかの国の中世文化に比べて優れていました。文化の発展で重要な位置を占めるのは天文、気象学での新たな前進、金属活字の発明、新しい陶磁器技術の創造、火薬と火薬兵器の製作のような科学・技術の発明と発見です。また、船舶、製紙、紡織技術と各部門の工芸術も前よりはるかに発展し、文学、芸術分野でも進展がありました。わけてもコリョの焼き物は美しい色あいとエレガントな文様、斬新な形によって今も世人から重宝がられています。

このようにコリョは人類の歴史にはっきりとした発展の足跡を印しています。

(観光)

ike190507053_001.jpg
ike190507053_002.jpg
ike190507053_003.jpg
ike190507053_004.jpg
2019年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1  開城(개성)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-13 (木) 18:08:29