「漢城条約」を捏造した強盗さながらの犯罪

歴史に侵略的で不平等な条約の一つとして記されたハンソン条約(漢城条約)は、日本の侵略者の狡猾さと悪辣さ、侵略的本性をそのまま告発しています。

1884年、朝鮮では改革派によってブルジョア改革の為の甲申政変が起きました。朝鮮が近代化を遂げる場合、朝鮮を独占的植民地にしようとの自分の侵略計画が水泡に帰する虞があると思った日本の侵略者は、権謀術数を巡らして甲申政変を破綻させました。

そして甲申政変の為被害を被ったという荒唐無稽な口実の下、7隻の軍艦、2個大隊の侵略武力を朝鮮に派遣しました。侵略者は1885年1月9日、朝鮮封建政府を脅迫して漢城条約を捏ち上げました。

中央階級的教育館イ・ジョンポクさんのお話です。

「甲申政変の時漢城の住民は日本公使館を包囲し、日本の朝鮮侵略を断固糾弾しました。これに怖れを為した日本公使の竹添は自ら公使館に火を点け仁川に逃げては、政府に侵略武力を朝鮮に派遣して報復措置を執る事を求めました。機会だけを狙っていた日本は軍事的脅威の方法で朝鮮封建政府を屈服させ、朝鮮侵略を急ぐ目的から井上を全権代表として派遣しました。侵略武力を率いて漢城入りした井上は、甲申政変当時日本が受けた被害を補償するべきだという口実の下、朝鮮封建政府に侵略条約の締結を強いました」

日本の侵略者は条約で、「朝鮮が日本に謝罪する事、甲申政変の時死んだ日本人の遺族や負傷者の救済の為巨額の財産補償費を支払う事、日本公使館を新築する為の敷地を拡充しその費用を負担する事」等、朝鮮封建王朝を屈服させて朝鮮に対する侵略を急ぐ為の厚顔無恥で強盗さながらの問題を決め付けました。

この漢城条約によって日本の侵略者は朝鮮封建政府に巨額の賠償金を支払わせ、朝鮮に対する侵略の足場を固めました。その後日本の侵略者は虚偽と欺瞞的な方法で、強盗そのものの侵略的な条約を捏造して朝鮮を占領し前代未聞の犯罪行為を働きました。

にも拘らず日本の反動勢力は、長い歳月が経った今尚過去の犯罪の謝罪はおろか歴史まで歪曲し、大東亜共栄圏の見果てぬ夢を実現しようと必死になっています。

日本は愚かな妄想から目覚めて過去の罪を綺麗に清算するのが、日本の未来の為の正しい選択肢である事を銘記すべきでしょう。

(時事評論)

2019.01.09 サイト音声再生不可、短波放送聞き書き
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-10 (木) 14:42:47