余生を楽しく送る

朝鮮に「朝鮮民主主義人民共和国高齢者保護法」があります。定年退職、または現在、職についている男子60歳、女子55歳以上の公民は法的保護の対象となります。特に子のいない高齢者は国が全責任を持って顧みています。

ピョンヤンのテドン川*1の岸辺のあつらええ向きの場所に民族の香り漂う朝鮮式の建物がありますが、これがピョンヤン老人ホームです。敬愛する最高指導者金正恩委員長が格別関心を持って、チュチェ104(2015)年8月、開院の運びとなりました。

ピョンヤン老人ホームのチェ・チョンシム院長のお話です。

「老人ホームの建設中に、そして完工したときに訪ねてきた金正恩委員長は、年寄りたちの立場に立ってすべてを見ました。果てはてすりと階段、洗面所と浴場など細かいところにまで気を配りました。そして高齢者を革命の先輩、目上の人とみなして面倒をよく見てあげるのが1つの社会的気風、国中の大家庭の家風になるようにすべきだとし、老人ホームの年寄りたちの生活に必要なすべてを国が保障するよう措置を講じました」

ピョンヤン老人ホームには年寄りたちの健康と物質・文化生活に必要な一切の条件と環境が揃っています。国レベルで老人ホームの年寄りたちに栄養分析表による食事が保障され、色々な補い薬も供給されています。専門病院では年寄りたちに対する日常的な総合検診を行っています。

このような老人ホームが各道に築かれています。

朝鮮の高齢者たちは国の人民的施策と社会的な保護の中、余生を楽しく送っています。

(フィーチャー*2

ike200930008_001.jpg
ike200930008_111.jpg
2020年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 大同川(大同江、대동강)
*2 2020年10月3日、サイトのデザインが一層使い難く変わっていた。カテゴリーとして「フィーチャー」というのが出来ていた。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-14 (水) 17:55:36