あつらえ向きの場所に建てられた老人ホーム

高齢者の幸せの我が家と呼ばれるピョンヤン老人ホーム。入母屋屋根の伝統の建築様式を誇るこの老人ホームは、ピョンヤンの風光に恵まれたテドン川*1のほとりに位置しています。

高齢者の身体と年齢の特性に合わせて立派に造られています。寝室もオンドルの暖房を取り付けた部屋とベッドを入れた部屋に分けて造り、食事室もアットホームな雰囲気が生かされるように、また、階段も年寄りが動くのに便利に設置されました。

理髪室と美容院、浴場、治療室をはじめ、サービス施設と医療施設も非の打ち所がなく、図書室と運動室、娯楽ホールも高齢者が思う存分文化生活を営み、体力を十分維持できるように築かれています。

ピョンヤン老人ホームは革命の先輩を心から思いやり、押し立てる敬愛する最高指導者金正恩委員長の気高い意志によって建てられました。金正恩委員長は老人ホームの建設を発案し、設計から資材の供給に至るまですべての対策を立てました。

そしてチュチェ104(2015)年3月、建設中の老人ホームを訪れ、老人ホームを立派に建てるのは労働党の高齢者保護政策を正しく実行し、その正当さと生命力を誇示する上でとても重要なことだと言いました。また工事現場の各所で、施工をどのようにしているかつぶさに見聞きして、その方向付けをしました。

この日、金正恩委員長はピョンヤン老人ホームが建てられている所は労働党が関心を持っていたあつらえ向きの場所である、老人ホームを党の人民愛が徹底された労働党時代のまた1つのモデルとなるものとして建てるべきだと懇ろに言いました。

その年の8月、完工したピョンヤン老人ホームを訪ねた金正恩委員長は、高齢者に少しの不便もあっては、とホームの隅々まで気を配りました。そして高齢者に宮殿のような老人ホームを建ててあげたのが本当に嬉しい、常々高齢者に関心を向け、暖かく顧みなければならないと言いました。

今、この老人ホームの高齢者たちは朝鮮労働党の高齢者保護政策の下で、革命の先輩、年長の人として尊敬され、幸せな晩年を送っています。

(今日の朝鮮)

ike190704015_001.jpg
ike190704015_002.jpg
2019年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 大同川(大同江、대동강)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-07 (水) 13:07:21