青年を重視するのは永遠の戦略的路線

国と民族の花で、未来の主人公である青年を立派に準備させるのは、国と民族の運命、革命の前途に関わる重大な問題です。敬愛する金正恩総書記は青年を重視するのを朝鮮労働党の永遠の戦略的路線と決めました。

社会主義愛国青年同盟中央委員会キム・ミョンイル副部長のお話です。

「金正恩総書記が青年の問題にどれほど深い関心を持っているかを語るお話があります。ある日、総書記は幹部たちにわが国は政治・思想の強国、軍事強国、青年強国である、青年強国を抜きにして政治・思想の強国、軍事強国について語れない、と言いました。そして今後も青年を重視するのを労働党の戦略的路線とすべきだと強調しました」

チュチェ101(2012)年1月26日、金正恩総書記は青年同盟中央委員会の人たちの手紙を見て、「青年の力強い歩みによって栄える明日はさらに早められるだろう。いつもまっしぐらに、党に従って前へ!金正恩、2012年1月26日」という直筆の返書を送りました。

それ以来、10年が経ちました。この10年間、朝鮮の青年たちは社会主義建設の先駆け、前衛の役割を果たしました。総書記の返書を心に刻み、建設現場と農場、炭鉱、鉱山などどこでも青年たちは一生懸命働きました。

金正恩総書記は、青年運動事績館とペクトゥ山英雄青年偉勲展示館を立派に建てて、朝鮮の青年運動の歴史と青春の偉勲を後々に伝えるようにしました。そして青年を信じて国レベルの重要プロジェクトの工事も任せ、国中に青年を積極的に助け、押し立てる青年重視の気風を立てるようにしました。また、青年のための大会と記念行事も開き、時代を代表する建築物には青年の名を付けるようにしました。

総書記の深い信頼は、数百万の青年の革命と愛国の思いを熱く燃やした原動力となりました。昨年も青年たちは労働党の意にのっとり、社会主義建設の困難で骨の折れる部門に勇躍志願しました。これをさして総書記は、戦争の時、前線にはせ参じて敵軍のトーチカをわが身で塞ぐような英雄的行いだと高く評価しました。

新しいものに敏感で進取の気性に富み、正義と真理を愛する青年を重視する革命は、常に生気と活力に溢れて前進し、勝利するものです。

(フィーチャー)

ike211210003_003.jpg
ike211210003_001.jpg
ike211210003_002.jpg
ike211210003_004.jpg
ike211210003_005.jpg
ike211210003_006.jpg
ike211210003_007.jpg
ike211210003_008.jpg
ike211210003_010.jpg
ike211210003_011.jpg
ike211210003_015.jpg
ike211210003_016.jpg
2022.01.14の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-01-15 (土) 18:33:44