2018年8月08日ニュース抜粋

敬愛する最高指導者金正恩委員長がクムサンポ塩辛加工工場を現地指導

※昨日と同じ

各国で敬愛する最高指導者金正恩委員長の革命活動を報道

各国の報道機関が敬愛する最高指導者金正恩委員長の革命活動を報じました。

キューバのプレンサ・ラティーナ通信、インドの新聞「オーシャン・ニュース・ポイント」、インターネットメディア「ボイス・オブ・ミリオンズ」、シンガポールの新聞「聯合早報」は、朝鮮人民の偉大な祖国解放戦争勝利65周年に際して祖国解放戦争参戦烈士の墓地を訪れ、人民軍烈士に敬意を表したことを報じました。

イランのプレステレビ、ベネズエラのテレビ局テレスル、ペクトゥ山チェコ朝鮮友好協会のホームページは第5回全国参戦老兵大会の参加者に会って共に記念写真を撮ったことを伝えました。

中国の新華社、「人民日報」、「環球時報」、香港の「大公報」、オンラインニュースの海外網、ロシアのタス通信、キューバのプレンサ・ラティーナ通信、インドの新聞「オーシャン・ニュース・ポイント」、シンガポールの新聞「聯合早報」、日本の共同、朝日、NHK、ベネズエラのテレビ局テレスル、ペクトゥ山チェコ朝鮮友好協会のホームページは偉大な祖国解放戦争勝利65周年に際してピョンアン南道ヘチャン郡にある中国人民義勇軍烈士陵園を訪れ、花輪を捧げたことを伝えました。

ロシアの30社余りの報道機関とドイツ反帝フォーラムのホームページ「現地指導のニュース」、ギニアの国内・国際放送と7つの民族語放送、コンゴ民主共和国チュチェ思想研究全国委員会のホームページも同じニュースを報じました。

マスコミ各社は金正恩委員長の写真を共に載せています。

朝鮮民主主義人民共和国創建70周年記念タンザニア準備委員会発足

朝鮮民主主義人民共和国創建70周年記念タンザニア準備委員会がダルエスサラームで発足しました。

準備委員会は、7月28日から9月10日までを記念期間とし、多彩な政治・文化の催しを行うことにしました。

正日峰賞全国青少年テコンドー選手権大会開幕

7日、ピョンヤンのテコンドー殿堂で正日峰賞全国青少年テコンドー選手権大会が開幕しました。

開幕式に国家体育指導委員会キム・チュンシク書記長と関係者が選手、監督、市内の青少年と共に出席しました。

朝鮮テコンドー委員会キム・ギョンホ委員長の開幕の辞に次いで、大会シンボルの旗が掲揚されました。

朝鮮テコンドー委員会テコンドー選手団のエキジビションがありました。

朝鮮テコンドー委員会テコンドー選手団とスンチョン・セメント連合企業所テコンドー選手団、そして、朝鮮体育大学、中央体育学院と各道(直轄市)のテコンドー選手団の青少年テコンドー学校、テコンドー学院から選ばれた優秀な選手たちが競い合う今大会では、テコンドーと囲碁の競技が行われます。

チャガン道で新しい養蚕方法で繭を増産

朝鮮のチャガン道で地元の特性を生かした階段式の養蚕方法を取り入れて、生産を昨年同期に比べ2割増やせる成果を収めました。

この方法が導入されて、労力の効率性と桑の葉の利用率が大幅に高まり、不利な天候でも蚕の病気を予防し、安全な繭の収穫が可能になりました。

保健省の歯科総合病院で現場治療を活発に展開

保健省傘下の歯科総合病院で、仕事に励む各地の勤労者に対する出張ケアに励んでいます。

病院の医師、補綴師は今年も、人民経済各部門に出向いて、延べ3万7000回の治療を行って、勤労者の健康増進に大いに寄与しました。

楽しいキャンプ生活を送っている各国の子供たち

第33回松涛園国際少年キャンプに参加している各国の子供達が、松涛園国際少年団キャンプ場で楽しいキャンプの日々を送っています。

子供達は多彩なキャンプ生活を通じて心身を鍛え、お互いの団結と友好を深めています。

※サイト動画音声の聞き書き

在日本朝鮮人教職員同盟代表団がピョンヤン教員大学を見学

リ・チャンフン中央常任委員会副委員長率いる在日本朝鮮人教職員同盟代表団が7日、ピョンヤン教員大学を見学しました。

一行は又、青年運動事績館とマンギョンデ学生少年宮殿、リュウォン・シューズ工場などを見ています。

リ・チャンフン中央常任委員会副委員長率いる在日本朝鮮人教職員同盟代表団が7日、ピョンヤン教員大学を見学しました。

一行は又、青年運動事績館とマンギョンデ学生少年宮殿、リュウォン・シューズ工場などを見ています。

共和国側に不法入国した南側住民を送還

7月22日、共和国側の地域に不法入国した南側の住民が関係機関に取り締まられました。

共和国側は人道主義の原則により、不法入国者を南側に送り返しました。

南朝鮮のインターネットメディアが集団拉致事件の真相調査は積弊一掃の主な項目だと主張

2日、南朝鮮のインターネットメディア「オーマイニュース」が共和国の女性従業員に対する集団拉致事件の真相を徹底的に調査することを求めました。

インターネットメディアは、「なぜ情報院は集団脱北事件の調査をしなかったのか」と題して、北の女性従業員に対する集団拉致事件は、現「政権」が発足して間もなく調査されるべき事件だった、パク・クンヘ「政権」が有利な選挙局面を作るため、北の女性従業員の「集団脱北」を計画的にでっち上げたことが明るみに出た、集団拉致事件は積弊一掃の主な項目に当たる、と主張しています。

2018.08.08の記事
 

ニュース抜粋2018


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-09 (木) 19:04:23