伝統料理を生かしている

朝鮮では民間伝承の固有の食文化を積極的に生かして、人々の間で好評を博しています。秋のこの頃は古くから伝えられているドジョウ汁などの様々なドジョウ料理が人気を集めています。調理師たちは伝統料理をさらに美味しく作るため頑張っています。その中にはピョンヤンのチャングァン飲食店街にある味噌そば屋の責任者ユ・グムスンさんもいます。

前に、ユさんは調理師の責任者としてすり豆腐汁屋に勤めていたとき、すでに数十種のドジョウ料理を作りました。今も、すり豆腐汁屋で健康によく、美味しいドジョウ汁などのドジョウ料理を味わった人たちは口を揃えて美味しいと言っています。このようなお客のほめごとを耳にするたびに、ここの調理師たちは新しいドジョウ料理を作るために尽くして来たユ・グムスンさんの人一倍の努力について思い起こしたりします。

最初、ユさんもドジョウ料理についての把握が不十分で、以前から作っていたドジョウ汁についての知識が全部でした。しかし、伝統料理をさらに発展させようとの自覚、1つの材料で持って様々な料理を作るのは調理師の当然の本分だという自覚をもってユさんは新しい料理を作るために情熱を捧げました。色々な本を通じてドジョウ料理についての多くの資料を得たユさんは、すでにこの料理を出している他の食堂などを訪れてドジョウ料理の作り方をひとつひとつ身につけました。

ドジョウの栄養学的特性と加工についての技術的問題を具体的に研究したのに基づいて、自流の独特な作り方をひとつひとつ完成しました。その過程にドジョウの加工と調理を素早く行う方法も会得しました。このようにしてユさんが完成した新しい料理は、ドジョウ入りの唐辛子味噌と果汁をかけたドジョウの団子の蒸し物、ドジョウ・フライなど十余りもあります。

味噌そば屋に来てからも、ユさんは毎年、行われる料理祭典に味と香りが独特なドジョウ料理を出して、高く評価されています。ユさんはドジョウ料理だけでなく、古くから伝えられている伝統料理をさらに発展させることに知恵と情熱の限りを尽くしています。そして調理師たちがお客のニーズにこたえて様々な伝統料理を立派に作るよう導いています。

ユさんはこう言っています。

「私たちが作るひとつひとつの料理が評判になるときは胸がいっぱいになります。来客の喜ぶ姿にこの上ない誇りを感じています」

(今日の朝鮮)

ike190910010_005.jpg
2019年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-23 (水) 15:57:59