人民の奉仕者

チョンチュン館はピョンヤンの大衆向けのレストランです。サービス精神を強く発揮して市民の間で評判が立つレストランです。定評のある肉盛り盆そば*1とピョンヤン冷麺、ナマズ汁などのクセのない素朴な味わい、そして、ウエートレスの細やかな心づかいと親切な接待は来客をうならせています。わけても、そばの涼味と風味に舌鼓を打ちます。

モダンな雰囲気の建物と明るく清潔な食事室がまた来客を喜ばせています。市民がよく訪ねるこのレストランにも、国の繁栄と人民の幸せのために生涯を尽くした偉大な金正日国防委員長の人民愛の足跡が秘められています。

責任者のキム・ホチョルさんのお話です。

「食堂を訪れた金正日国防委員長は、人民の好みと情緒に合わせてサービス環境を改善し、料理の質を高めるべきだと言いました。私たちは国防委員長の言葉どおりに内部のサービス環境を改善し、周辺と構内に果物の木と花の木をたくさん植えました。また、料理品評会、協議会、経験交流と料理コンテストをたびたび催して、料理の質を高めています。色々な美味しい料理を作って、日に数千人の来客を受け入れ、出張サービスなども活発に行っています」

チョンチュン館には、国内の料理祭典と料理コンテストで授かった多くのメダルと最優秀賞があります。

今もここの人たちは人民のために尽くした金正日国防委員長の深い恩情を胸に秘めて、人民の奉仕者としての使命を全うするため知恵と情熱の限りを尽くしています。

(今日の朝鮮)

ike220113012_001.jpg
2022.02.06の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 ●肉チェンバンクッス(お盆状の皿に盛った澱粉入りのそば)は、朝鮮人民の誰もが好む大衆食である。いろいろな調味料であえた鶏肉と滑らかでしこしこしたソバの玉、切れにした鶏卵、千切りにした梨、そして澄んだ肉汁に冷たくて刺激の強いトンチミ(大根漬け)の水を混ぜたスープは冷麺の珍味をよく生かす。この食品にも、金正日総書記の人民愛がこもっている。チュチェ88(1999)年11月のある日、総書記は活動家たちに公共サービス部門で人民に民族料理を立派につくってサービスすべきだと述べ、玉流館(平壌市)で鶏肉でチェンバンクッスをつくってサービスすることについて教えた。総書記は、新しいチェンバンクッスの名を肉チェンバンクッスとつけ、ソバに肉を多く置き、新しく建設する養鶏工場で生産される鶏肉を十分に使う問題、質の保障に至るまで細心な教えを与えた。こんにち、肉チェンバンクッスは平壌の有名な食堂である玉流館だけでなく、各地の公共サービス単位でも広くサービスされている。【平壌2月14日発 朝鮮中央通信】2020年 ●ピビムクッス(混ぜソバ)は朝鮮人民が昔からつくって食べた料理である。ピビムクッスについて1819年の「東国歳時記」には「ソバに野菜類、栗、牛肉、豚肉、ゴマ油、醤油などを入れたのを骨董麺という」とあり、「侍医方」には「牛肉を細く切り寝かせて炒め、緑豆もやしとせりを茹でて和えた後、ソバに混ぜ合わせて盆に盛る。その上に炒め肉、トウガラシの粉、ゴマ塩をかける」と記録されている。これは、ピビムクッスをさまざまな薬味を利用して多彩なようにつくったということを示している。ピビムクッスには、薬味によって肉ピビムクッス、味噌ピビムクッス、野菜ピビムクッス、フェピビムクッス(魚のなますを薬味にしたソバ)などがあった。特に、魚フェクッスは他のピビムクッスのように薬味を炒めたり和えるのではなく、生の魚を細く切って調味料を入れソバに混ぜたもので、美味しいながらも消化によいといった。(Naenara 2020.09.09)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-02-07 (月) 19:05:28