畜産に力を入れて

平壌の平川区域*1には料理が美味い事で来客の絶えない食堂が沢山あります。

その中には鳳南麺類専門食堂、鳳鶴食堂等、平川区域総合食堂の管轄する食堂もあります。柔らかく蛋白質の豊富なウサギの肉で作った健康食等、美味しい料理は来客の好評を博しています。

今から3年前、平川区域総合食堂の人は食卓を囲んでいる来客の姿を見てこう思いました。「歳を取り体も不自由で食堂に頻繁に来られない参戦老兵と傷痍軍人の家にも料理を送ってあげる為には、多量の食肉が必要である。それを賄う為には食堂の自力で食肉を生産すべきだ」。

イム・ヘファさん。

「従業員の大多数が女性である総合食堂で、畜産ができるだろうかという心配もありました。しかし参戦老兵と傷痍軍人への従業員みなの思いは一致し、大胆に取り組んでみようと決心したわけです」

総合食堂は郊外の楽浪区域*2柳巣里*3という所で畜産に励んでいます。

ソク・ヘギョンさん。

「私たちはここを『わが牧場』と親しく呼んでいます。 この言葉には自分で築いた甲斐、こんなにたくさんの家畜を自分の手で飼育するという誇りとともに、困難だった牧場建設の日々を振り返る思いも込められています」

ムン・ジョングムさん。

「豚やウサギの飼育について知らないことがあまりにも多かったのです。夏場にウサギの飼育を下手にして数十匹が集団で倒れたときは悩んだあまり、泣いてしまいました」

食堂の人達は食堂の運営に伴なって料理の質とサービスの向上に励む一方、短期間に家畜の飼育に必要な科学技術を習得し、今は家畜の死亡率をゼロ同然にしました。また『蛋白草*4』と『愛国草』等餌になる草を植え、自力で餌の添加剤も作って家畜の増充を図りました。

こうして生産された食肉と卵で美味しく健康にも良い料理を作って、参戦老兵や傷痍軍人の家に送っています。

イム・ヘファさん。

「人民のためのことに満足というものはありえません。私たちがより多く、より着実に仕事をするほど人民の食生活が豊かになると思います。まだまだしなくてはならないことがたくさんあります」

畜産の活性化には人民の為になる事を一つでも多くしようとする、ここの人達の熱い思いが込められています。

(今日の朝鮮)

img_vok200429_01.jpg
img_vok200429_02.jpg
img_vok200429_03.jpg
img_vok200429_04.jpg
img_vok200429_05.jpg
img_vok200429_06.jpg
img_vok200429_07.jpg
img_vok200429_08.jpg
img_vok200429_09.jpg
img_vok200429_10.jpg
img_vok200429_11.jpg
img_vok200429_12.jpg
img_vok200429_13.jpg
img_vok200429_14.jpg
img_vok200429_15.jpg
img_vok200429_16.jpg

※セピア調の止め絵で回想シーン的な演出をする手法を覚えたようです。

2020.04.29 サイト動画の聞き書き、字幕抜き書き
 


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 ピョンチョン区域(평천구역)
*2 ラクラン区域(락랑구역)
*3 リュソ里(류소리)
*4 発音は「たんぱくぐさ」と聞こえるが、どんな植物かは分からない。文字もこれでいいのか分からない。固有名詞等には字幕を入れてほしい。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-04-30 (木) 18:41:33