自ら名付け親となる

チュチェ104(2015)年8月のある日、第1116号農場で試験的に栽培している飼料用の草について聞いた敬愛する最高指導者金正恩委員長はとても喜んで、猛暑も厭わず農場を訪れました。

試作畑に入って大きく育っている飼料用の草を長いこと見た金正恩委員長は素晴らしい、珍しい風景だと重ねて言いました。そして農場で栄養価と収穫がとても多い飼料用作物の試験的な栽培に成功したのは誇るだけある成果だと高く評価しました。

この日、金正恩委員長は飼料用の草を「愛国草」と名付けました。これには国の畜産業を飛躍的に発展させて、人民の食生活に潤いをもたらそうとの金正恩委員長の崇高な意志がそのまま込められていました。

飼料用作物についての既存の観念をすっかり変えた「愛国草」は、従来の飼料用作物に比べてヘクタール当たりの収量が数倍も高く、年に4回から6回まで収穫できます。ヘクタール当たりの収穫量は200トンもあります。

朝鮮では「愛国草」がいたるところで栽培され、畜産業の発展に広く利用されています。

(今日の朝鮮)

ike200812007_001.jpg
ike200812007_002.jpg
2020年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-05 (土) 17:35:25