学びの国

朝鮮民主主義人民共和国は「教育の国」、「学びの国」として知られています。人民大衆があらゆるものの主人となっている共和国では誰もが学びの権利を持っています。共和国政府は人民みなの学びの権利の実現を義務とし、教育への投資を惜しまずにいます。学業を専門とする全日制教育システムと働きながら学ぶ定時制教育システムが整然と立てられ、人民みなが無料で思う存分学んでいます。

共和国では新しい世代の教育費用を国家が負担していますが、チュチェ45(1956)年に全般的初等義務教育制を実施し、その後、各段階を経てチュチェ61(1972)年から全般的11年制義務教育制を実施しました。偉大な金日成主席はチュチェ66(1977)年9月5日、不朽の著作「社会主義教育に関するテーゼ」を発表して、教育全般を国家が責任持って負担し、さらに発展させる指針を示しました。

昨年9月、共和国政府は全般的11年制義務教育制をさらに発展させて全般的12年制義務教育制を実施することを決定しました。1年間の就学前教育機関の幼稚園、そして小学校、初級中学校、高級中学校の教育が義務制となっています。一人の子供のために離れ島に分校が建てられ、生徒のいる所はどこにも学校があり、教員がいるのが朝鮮の現実です。子供たちは革命的な思想と深い知識、壮健な体力を兼ね備えた人材になるための教育を受けます。

高級中学校までの義務教育を受けた後は、希望や素質によって大学や専門学校に進学します。民族幹部の養成拠点である金日成総合大学、そして、キムチェク工業総合大学キムヒョンジク師範大学をはじめ国の至る所に建てられた各大学で学生は強盛国家建設の根幹に準備しています。

在学中に学生が受ける奨学金は卒業後も償還しません。働きながら学ぶ教育システムは、1950年代初頭のアメリカの侵略を退ける祖国解放戦争の時に立てられました。工場や農場、漁村などどこにも働きながら学ぶ工場大学や農場大学などがあります。ここで学ぶ人は学生でありながら生産者で現職の人です。

共和国では学校教育と社会教育が密接に結ばれています。学生少年宮殿や学生少年会館、少年団キャンプ場で学んだ知識を強固なものにし、芸能活動にも参加して心身を鍛えています。ピョンヤンの都心にある人民大学習堂と各地に建てられた図書館では学生はもとより各階層の勤労者が富強祖国建設に必要な知識を得ています。

共和国はこれからも教育をさらに発展させ、社会主義文明国として光を放つでしょう。

2013年の記事
 
教育教育を受ける権利が全面的に保障される共和国での中等義務教育全般的12年制義務教育の実施全般的12年制義務教育制度朝鮮での遠隔教育朝鮮での中等一般教育朝鮮の明るい未来を約束する法令朝鮮の無料教育朝鮮の無料教育制度朝鮮は教育の国学びの国、教育の国12年制義務教育の第一歩初等及び中等教育を重視する
大学金日成総合大学金策工業総合大学金亨稷師範大学
人民大学習堂人民大学習堂(資料)人民大学習堂「人民」と言う名で呼ばれる建物「人民」の名で呼ばれる建造物愛国心人民を天の如く見なす人民大衆第一主義の建築人民大学習堂という名にも人民大学習堂の先進科学技術展示場都心に建てられた学びの場


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-15 (水) 20:01:14