朝鮮の無料教育制度

朝鮮では、全般的無料教育制度の下、誰もが思う存分学ぶことができます。

朝鮮の無料教育制度のルーツは、偉大な金日成主席が導いた抗日革命闘争の時から始まります。これに基づいて、チュチェ34(1945)年8月15日の国の解放以降、当時の条件と環境に即して段階別に具現されました。

勤労者の教育費の負担を次第に下げて、全般的初等義務教育と中等義務教育を無料で実施しました。チュチェ48(1959)年3月、全般的無料教育制度の実施が公布されて、朝鮮ではすべての勤労者とその子女が数々の教育費の負担から永遠に解放されました。

朝鮮では、教育に必要な費用をすべて国が責任持って保障しています。就学前の教育から大学に至る全ての教育段階において、授業料だけでなく、実験実習、課外活動、見学、キャンプなどの費用まですべて国の負担です。

朝鮮では、新しい世代に就職の年齢まで完全な中等一般教育を行う無料義務教育として全般的12年制義務教育が実施されています。また、学校と学生少年宮殿、学生少年会館の課外クラブで才能を思う存分伸ばすようにしています。そして誰もが希望と素質によって大学に入ることができます。

学業専門の教育システムばかりでなく、働きながら学ぶ教育システムを通じてもすべての人々を大学卒業くらいの知識を持つ知識型勤労者に、科学技術発展の担当者に準備させています。遠隔教育システムだけをみても、職業と居住地、年齢と学歴にかかわらず、誰もが希望通りに無料で教育を受ける権利を持っています。

このように、朝鮮の全般的無料教育制度は、人民皆を対象にあらゆる形の教育に適用されます。

(今日の朝鮮)

ike190807010_001.jpg
ike190807010_002.jpg
2019年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-13 (金) 21:05:25