朝鮮の無料教育

朝鮮ではチュチェ48年(1959)から全般的な無料教育が実施されています。朝鮮で無料教育の伝統は抗日革命闘争の時期にもたらされました。

社会主義朝鮮の始祖である偉大な金日成主席は1920年代末、革命化した農村に建てられた学校と、1930年代、遊撃根拠地に建てられた児童団学校で義務的な無料教育を実施して無料教育制度の経験を積みました。金日成主席は国が解放されたチュチェ34年(1945)8月以降から部分的な無料教育を実施し、次第にその範囲を段階別に拡大しました。

チュチェ47年(1958)、朝鮮で社会主義革命の勝利と共に社会主義制度が確立しました。共和国政府は人皆を国家が完全に責任持って教育する原則を全面的に具現する為チュチェ48年(1959)3月、内閣決定第18号『生徒達の授業料を全般的に廃止する事について』を採択しました。これによってその年の4月1日から全般的無料教育制度が樹立されました。

無料教育の対象には子供から年寄りに至るまで社会の構成員皆が含まれ、就学前教育と学校教育・社会教育等あらゆる形の教育の費用を国家が保障しています。そして生徒達の実験・実習と課外活動、踏査と見学、キャンプの費用まで国家が負担しています。

(フィーチャー)

2021.01.23 サイト音声の聞き書き
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-01-24 (日) 20:07:44