朝鮮の明るい未来を約束する法令

9月25日、朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議第12期第6回会議が行われました。会議では全般的12年制義務教育を実施する旨の最高人民会議の法令が公布されました。

教育委員会普通教育省リ・ムンチョル局長のお話です。

「全般的12年制義務教育実施についての最高人民会議の法令に接した教育委員会の人みなは、今大きな感激に包まれています。無理もないでしょう。次世代の教育を一番の国事として重視してきた国の施策により、共和国では40年も前に世界初の11年制義務教育を実施し、教育の国、学びの国として世界の称賛を浴びてきました。このたび学びの広い道をさらに大きく開いた全般的12年制義務教育実施の法令が出ましたが、これはまさに次世代のために母なる祖国が施すまたひとつの深い配慮だと思います」

教育を国と民族の興亡を左右する重大事とみなしている共和国での教育優先、教育重視の歴史は、次の一部の資料をみても良くわかります。

  • 1956年 初等義務教育実施
  • 1958年 中等義務教育実施
  • 1967年 全般的9年制技術義務教育実施
  • 1972年 全般的11年制義務教育実施

こうした施策により朝鮮は、非識字者が一人もいない国、全般的無料義務教育が完全に実施され、働きながら学ぶ教育システムが整っている国、多くの大学と専門学校、数百万人の知識人を持つ先進的な社会主義教育国家になりました。

今、朝鮮が核抑止力をもつ尊厳ある軍事強国、人工衛星の製作・打ち上げ国として威容をとどろかしているのも、人民経済の各部門で朝鮮式のコンピュータ数値制御とフレキシブル生産システムを取り入れ、主体的で近代的な重工業と軽工業の工場と大記念碑的建築物を次々と建設しているのも、全般的11年制義務教育を受けた新しい世代の科学者と青年の偉勲と功績によるものなのです。

リ・ムンチョル局長のお話です。

「次世代と未来を貴ぶ朝鮮労働党の気高い思想が集約された全般的12年制義務教育の実施は、11年制義務教育の新たな高い段階だといえます。全般的12年制義務教育の実施により知識経済時代の要請に即した有能な後進をより多く育成できるしっかりとした跳躍台がもたらされ、共和国は21世紀の科学技術強国として経済強国の地位にたつゆるぎない保障を取り付けました」

より多くの優れた人材を育てる全般的12年制義務教育制度によって朝鮮は明るい未来めざし巨歩の前進を遂げることでしょう。

2012年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-07 (金) 13:03:42