朝鮮での中等一般教育

― 朝鮮での中等一般教育について話し合いたいと思いますが…

― はい、そうしましょう。

― 中等一般教育と言いますと、人々に最も基礎的な資質と能力を身につけさせる教育段階、ということですね。世界観の形成、知的発展、品格の形成、また、社会の文化水準全般を高める上で、中等一般教育は大きな意義があります。

― その通りです。朝鮮でその歴史を見ますと、チュチェ47(1958)年から全般的な中等義務教育が無料で実施され、チュチェ56(1967)年から全般的9年制技術義務教育が、チュチェ61(1972)年から全般的11年制義務教育が実施されましたね。

― はい。分けても、チュチェ101(2012)年に全般的12年制義務教育実施についての政令が発表され、中等一般教育はさらに高い段階に入りました。

― そうです。全般的12年制義務教育は、就学前の1年、そして、小学校5年、初級中学校3年、高級中学校3年、合わせて12年ですが、この12年間の教育システムで、一般の基礎知識と現代的な基礎技術知識を教え、新しい世代の中等一般教育を完成する義務教育です。

― はい、一年間の就学前義務教育と小学校5年を終えれば、中等一般教育を受ける準備が出来、初級中学校の3年間、中等一般教育の基礎を固めます。

― その後、高級中学校の3年間、完成した中等一般知識と社会に出て使える基礎技術知識を学び、一生を通して、さらに高い段階の教育を充分受けられる能力を身につけるわけですね。

― はい、だからこそ、中等一般教育は立派な人材の育成で要、ということですね。

― いわば、根の充実した木が実入りがよいということでしょうね。

― 当然でしょうね。それで、朝鮮では中等一般教育が特別、重視され、この部門の教育者の役割を高めさせているのです。それについては、今年、「朝鮮の声放送」でもたびたび紹介されましたね。

― はい。学力の高い学校である金正淑第1中学校とテドンガン区域*1チョンリュ初級中学校*2、「うぐいすの学校」として知られたソンギョ区域*3リュルゴク高級中学校*4、全国規模のスポーツ大会バレーボールで数年連続、優勝しているピョンチョン区域*5ヘウン高級中学校*6、そして、中等教育環境のモデルとして見事に作られたピョンヤン中等学院*7などなど。

― 40年近くも教鞭をとっているモランボン第1中学校*8の音楽教員であるキム・ヒョンスクさん、チュン区域*9チャングァン高級中学校*10の文学教員であるクォン・ソンヒさんなど、縁の下の力持ちとなる先生たちも数え切れませんね。

― はい。そうです。ほんとうに、人民的な教育制度のもとで、朝鮮の新しい世代は中等一般教育期間に革命的な世界観の骨格ができあがり、完成した中等一般知識と一つ以上の現代的な技術を身につけた有能な人材に準備しています。

― その通りです。

2016年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 大同江区域(대동강구역)
*2 清流初級中学校
*3 船橋区域(선교구역)
*4 栗谷高級中学校
*5 平川区域(평천구역)
*6 海運高級中学校
*7 平壌中等学院
*8 牡丹峰第1中学校
*9 中区域(중구역)
*10 蒼光高級中学校

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-15 (水) 20:03:43