朝鮮の母

1932年7月31日は偉大な金日成主席の母であるカン・バンソク女史が逝去した日です。歴史のその日からおよそ80年の歳月が流れました。苦難に満ちた民族史と共に国と人民のための聖なる偉業に全てを捧げた偉大な母の不滅の業績を人民は歌い上げています。

厳しい雨風遮れど
革命一筋耐えぬいた
主席の導くチョンリマ朝鮮
母の願いは花と咲きぬ
あ われらの母カンバンソク女史
人民の心に星と輝く

カン・バンソク女史がしのばれるたびに人々は女史が誕生したピョンヤンのチルゴル*1というところを訪れています。

女史が誕生したチルゴル。質素なわらぶき家のある日当たりの良い所に女史の銅像が建てられています。銅像の前には女史が忘れられず、人々が手向けた花束がいっぱい置かれています。

チルゴルにカン・バンソク女史にゆかりのあるものと資料が展示されている革命事績館があります。事績館の中心には優しい姿の女史を描いた絵があります。幼いときから人一倍才気あふれ、正義感が強かったカン・バンソク女史。

働く人々には限りなくやさしい反面、朝鮮を占領した日帝には断固立ち向かった女史でした。一生を通して嬉しいことより苦しいこと辛いことが多くありましたがただの一度も悲観しなかった女史の気高い精神は何処で生まれたのでしょうか!

これについてチルゴル革命事績館リ・ジンソンさんはこう話しています。

「カン・バンソク女史の願いは日帝に奪われた国を取り戻し、民衆みなが睦まじく暮らす新しい社会を建てることでした。女史はこの願いを胸に険しい茨の道を掻き分けながら息子の金日成主席を偉大な革命家に育て、主席の革命活動を積極的に後押ししました。そして夫のキム・ヒョンジク先生の革命活動を力いっぱい助けました」

事績館の各部屋で女史が朝鮮の独立のために国内外の各所を点々としながら積極的な闘いを繰り広げたこと、そしてキム・ヒョンジク先生と金日成主席の革命活動を援助し朝鮮革命に不滅の貢献をしたことについて見聞きし、女史への心からの敬慕の念を抱きます。

事績館で目を引くのは第4号室に展示された赤旗の写真です。深い思いに誘われる写真です。

「苦難に満ちた革命の道を歩みながら武装闘争だけが生きる道だという貴い精神を胸に刻んだ女史なので息子を助けて武器を運搬し、反日人民遊撃隊創建の時には反日婦女会の会員たちと共に軍服を作り、赤旗も作りました。後日、カン・バンソク女史の輝かしい生涯を感慨深く振り返った主席は、抗日遊撃隊は母が炊いたご飯を食べ、母が作った軍服を着、母が作った旗をかざして創建されたと述べました」

生涯を閉じるまで国の解放の熱望で心を燃やし、革命家の妻として、母として、革命家として出来る限りのすべてのことをしたカン・バンソク女史。それで朝鮮人民にとって女史がなくなった1932年7月31日はもっとも悲痛な日の一つとなっています。

カン・バンソク女史はなくなりましたがその願いは、金日成主席と金正日総書記に継いで今は敬愛する金正恩同志により見事に実現しています。

2012年の記事
康盤石金亨稷金日成
反日人民遊撃隊反日人民遊撃隊の創建に際して
15年間の抗日戦争またといない先軍の総帥を戴いて安図の春輝く生涯革命的武装組織のルーツ朝鮮革命軍革命武力の礎を築いた不滅の業績革命武力建設の歴史に特筆すべき出来事鋼鉄の総帥金日成大元帥抗日大戦を宣言した歴史的会議抗日武装闘争の宣言朝鮮の栄光(朝鮮人民軍創建)朝鮮の母カン・バンソク女史朝鮮解放の恩人熱血の革命家の輝かしい人生熱烈な愛国で輝く生涯初の革命武力の誕生初の革命的武力初の革命的武力の誕生不屈の革命家キム・チョルチュ同志歴史的なワンジェ山会議
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 七谷(칠곡)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-07 (金) 13:30:59