鋼鉄の総帥金日成大元帥

偉大な金日成主席は一世代に米日両帝国主義を打ち破り国と人民の運命を守った鋼鉄の総帥、またといない偉人です。主席は国と人民に尽くして為した不滅の功績により1992年4月13日、朝鮮民主主義人民共和国大元帥の称号を授かりました。

振り返ってみれば主席の一生は帝国主義との熾烈極まる対決で綴られました。10代の幼い年に革命の道に立った主席は1930年代初めに抗日対戦を宣言し、1932年4月25日、反日人民遊撃隊を創建しました。

抗日武装闘争は国家的後方も正規軍の支援も無しに、武器をはじめ必要な全てのものを自力で〓〓*1し、完全武装した日帝侵略軍を相手に繰り広げた革命戦争でした。毎日のように続く日帝軍との血みどろの激戦、オノオレ*2の木も凍って裂ける極寒、〓〓*1の中、主席は耐えがたい困難を革命的楽観の精神で乗り越え、1945年8月、朝鮮解放の歴史的偉業を達成しました。

1950年6月25日、アメリカが起こした朝鮮戦争は主席が持ち堪えなければならなかった厳しい試練でした。創建されて2年にもならない朝鮮が帝国主義の頭として君臨したアメリカとの戦争に勝つと思った人は多くいませんでした。

戦争勃発の朝主席は、愚かこの上ないやつらだ、アメリカは朝鮮人を見誤っていると豪快に言いました。これは朝鮮戦争が始まったときからその結果を決めた総帥の宣言でした。アメリカは、多くの侵略戦争で名声を轟かした数十人の策略家と悪名高い戦争将軍や、頭をひねって立てたという戦略と戦術・作戦を朝鮮戦争に適用しました。

金日成主席は戦争初期、アメリカの不意の武力侵攻を即時の決定的な反攻撃で撃破し現代包囲作戦の輝かしい模範を示して、アメリカ侵略軍を窮地に追いやりました。その後、坑道戦、戦車ハンターチーム、飛行機ハンターチームなど数多くの独創的な戦法を編み出して、アメリカ帝国主義の傲慢な鼻っ柱をへし折り、朝鮮人民の祖国解放戦争の偉大な勝利をもたらしました。

鋼鉄の総帥としての金日成主席の偉大さはその後の歴史記録にそのまま残っています。

  • 1963年5月17日、アメリカ侵略軍のヘリ拿捕。
  • 1967年1月19日、警護艦第56号の撃沈。
  • 1968年1月23日、アメリカの武装情報収集艦「プエブロ」号拿捕
  • 1969年4月15日、アメリカの大型スパイ機「EC-121」撃墜などなど。

金日成主席は経済建設と国防建設を同時に進める路線を示し、国中を必勝不敗の砦にし、いかなる侵略にも対処できる強力な国防力を築きました。

「我々は戦争を望まないが、決して戦争を恐れはしない。朝鮮人民と人民軍はアメリカ帝国主義者の報復には報復で、全面戦争には全面戦争で応えるだろう。」

これが金日成主席の断固とした立場でした。金日成主席の固い意志により、年代と年代を継いで行われたアメリカの侵略戦争策動は功を奏せず、朝鮮の尊厳は誇らしく守られました。

金日成主席。その名は朝鮮人民の全ての勝利と栄光のシンボルでした。歴史はいまだかつて知らなかった鋼鉄の総帥、世に稀な偉人の金日成主席を戴いたのは、朝鮮人民のこの上ない誇り、栄誉です。朝鮮人民はこの誇り、この栄誉を子々孫々伝えていくでしょう。

2012年4月13日放送の聞き書き
 
プエブロ号事件EC-121機撃墜事件
反日人民遊撃隊:反日人民遊撃隊の創建に際して
15年間の抗日戦争またといない先軍の総帥を戴いて安図の春輝く生涯革命的武装組織のルーツ朝鮮革命軍革命武力の礎を築いた不滅の業績革命武力建設の歴史に特筆すべき出来事抗日大戦を宣言した歴史的会議抗日武装闘争の宣言朝鮮の栄光(朝鮮人民軍創建)朝鮮の母カン・バンソク女史朝鮮の母朝鮮解放の恩人熱血の革命家の輝かしい人生熱烈な愛国で輝く生涯初の革命武力の誕生初の革命的武力初の革命的武力の誕生不屈の革命家キム・チョルチュ同志歴史的なワンジェ山会議
 

7月27日は、朝鮮人民が偉大な祖国解放戦争で勝利した記念日です。59年前、朝鮮人民軍と人民は3年間の祖国解放戦争で、世界「最強」を誇っていたアメリカ帝国主義者をはじめ16ヶ国の侵略武力と南朝鮮傀儡軍を退け、輝かしい勝利を収めたのです。この勝利は、百戦百勝の鋼鉄の総帥である偉大な金日成大元帥の卓越した導きによるものです。

必勝の信念

アメリカが朝鮮戦争を起こしたのは1950年6月25日、日曜日でした。この日、金日成大元帥は農村の現地指導を予定していました。ところが、アメリカ帝国主義者が不意の武力侵攻を開始したので、緊急対策を打ち合わせる閣議を開かなければなりませんでした。会議室に集まった幹部たちは刻一刻と由々しさを増す戦況のことで緊張の面持ちでした。しかし、会場に入った大元帥はいつものように満面に明るい笑みを湛えて座中を見回し、こう言いました。

「アメリカ帝国主義者は朝鮮人民を見くびっています。狼には棍棒でという格言があります。朝鮮人民を侮り、手出しする者には朝鮮人民の気概を思い知らせるべきです」

大敵を前にしながらも泰然自若とし、毅然と言い放つその必勝の確信に満ちた言葉に、参会者には勝利の確信がわいてきました。開戦翌日の6月26日に行った金日成大元帥の放送演説に接し、人民軍軍人と人民皆は国の守護に一身をためらうことなく捧げる決死の覚悟をもって敢然と立ち上がりました。その信念があって朝鮮人民は、強大なアメリカ侵略者に打ち勝つことが出来たのです。

偉大な軍事戦略家

「今のお話にもありましたが、生まれたばかりの共和国と「強大さ」の神話で世界を威圧していたアメリカ帝国主義者との対決は、数の面、軍事技術の面でも比べ物にならない戦争でしたね。」

「はい、しかし、偉大な金日成大元帥は侵略者の数と軍事技術での優勢を戦略戦術の優勢で押さえつけました。」

「そうですね。戦争当初、金日成大元帥の抜きん出た英知によって敵の攻撃を挫折させ、即時反撃に移って開戦3日目に敵の牙城であるソウルを解放させましたね。」

「はい。」

「そして、2ヶ月足らずで南朝鮮地域の90パーセント以上と人口の92パーセント以上を解放させましたね。」

「これについて世界は、古今東西のどの戦争の歴史にもなかった現実となった奇跡だと驚嘆しました。」

「金日成大元帥はまた、戦争の各段階で正しい戦略・戦術的方針を示し、その実現のための様々な戦法を編み出して、至る所で赫々たる勝利を収めるようにしましたね。」

「はい、世界に広く知られた1211高地戦闘の勝利がまさに、新しい戦法である坑道戦法の輝かしい実りです。」

「そして、敵軍の空での優勢を制圧するための飛行機ハンターチーム、真夜中に敵陣に入って不意に戦車を破壊する戦車ハンターチーム、敵の兵力を絶えず掃滅する狙撃兵の活動など新しい戦法を編み出して、敵軍をどんどん掃滅しました。」

「本当に、偉大な軍事戦略家である金日成大元帥の戦略戦術と戦法は、現代戦の歴史にも、どの国の兵書にもない全く新しいものでした。」

「その通りです。鋼鉄の総帥、金日成大元帥がいて朝鮮人民軍と人民はアメリカ帝国主義者を落日の運命に追い込むことが出来たのですね。」

「はい。」

勝利の日、7月27日

1953年7月27日、戦勝の祝砲が打ち上げられました。朝鮮に対するアメリカ帝国主義者の武力侵攻が開始された時、世界は朝鮮の運命について懸念しました。110回以上もの侵略戦争で一度も敗れたことのないというアメリカと、解放されて5年も経たない朝鮮との、余りにも釣り合わない戦争であるからでした。しかし、朝鮮人民は世界を驚かしました。戦勝革命事績館のリ・ソンファさんの解説です。

「祖国解放戦争は朝鮮人民にとって最も厳しい試練でした。しかし、朝鮮人民は屈服したのではなく、鋼鉄の総帥、金日成大元帥の導きの下、決死の覚悟で戦いました。それは人民軍と人民の胸に金日成将軍がいるので必ず勝つと言う確固たる信念があったからです」

勝利、どこから来たのか
勝利、どこから来たのか
兵士みなを勇士にし
金日成大元帥歩み続けた
前線の道について来た
進撃路開いたその道について来た
勝利、われら轟かした勝利は
勝利、われら轟かした勝利は
大元帥の足跡について やって来た

戦火の日々、金日成大元帥は人民軍兵士と人民を訪ねて絶えず現地指導を続けました。大元帥のいる所は砲煙漂う前線であり、兵士と人民のいる所でした。兵士と人民を訪ねて歩み続けたその道は勝利につながる道でした。

朝鮮人民は戦勝のその日を永遠に心に刻み、卓越した軍事戦略家で、鋼鉄の総帥である金日成大元帥の業績を末永く伝えるでしょう。

IKE120620008_32.jpg
2012年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1  受信状態が悪く不明瞭なため聞き取り不能箇所
*2  おのおれ【斧折】 カバノキ科の落葉高木。本州中部以北の山中に生じ、高さ17メートルに達する。葉は楕円形で鋸歯(きょし)がある。春、暗黄色の花を尾状の花穂につける。材は非常に堅く、器具や細工物に用いる。オノオレカンバ。オンノレ。アズサミネバリ。ミネバリ。(大辞林第三版)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-27 (月) 13:56:46