朝鮮の母、姜盤石女史

ピョンヤン市*1マンギョンデ区域*2のチルゴル*3という所に偉大な金日成主席の母であるカン・バンソク女史が誕生した家があります。カン・バンソク女史は1892年4月21日、チルゴルの革命的な家庭に生まれました。ここに革命事績館と言って、色々なものと資料が展示されているところがありますが、今日はその革命事績館の参観記をお送りします。

チルゴル革命事績館の第1号室に入ると、先ず目を引くのは、幼年時代のカン・バンソク女史を描いた絵です。家庭では親孝行で、隣と近所では人情に熱くてチルゴルの娘に愛された女史でした。女史は、チルゴルから遠くないマンギョンデに嫁入りした後も、大家庭の総領の嫁として家庭に親和をもたらしました。

事績館の次の部屋には、女史が息子の金日成主席を熱烈な愛国者に育てたことについての資料が展示されています。女史を描いた美術作品が目を引きます。「朝鮮独立」と書く幼い主席を見ている女史の姿です。

キム・オッキョンさんの解説です。

「カン・バンソク女史は、金日成主席を偉大な革命家に育て、主席の革命活動を強く後押しした朝鮮の母でした。そして、キム・ヒョンジク先生の革命活動を積極的に手伝った革命家の妻、朝鮮の女性運動の優れた指導者でした」

女史は、夫のキム・ヒョンジク先生から革命的影響を受けながら先生の積極的な援助者になりました。第3号室には、それについての資料とゆかりのものがそのまま展示されています。

キム・ヒョンジク先生の革命活動を手伝って国内外の数十ヶ所を転々とした資料に、女史がどんなに厳しい革命の道を弛みなく歩んだかが胸熱く感じられます。波乱万丈の険しい道をかき分けながらもただの一度も悲観しなかったカン・バンソク女史でした。

ここに、反日婦女会の結成とその拡大を見せる絵が掲げられています。

「カン・バンソク女史は、キム・ヒョンジク先生の意に従って反日闘争に積極的に参加しました。そして、息子の偉大な金日成主席の指導の下、朝鮮初の女性革命組織である反日婦女会を結成しました。女史の積極的な活動により、結成されたばかりの反日婦女会は短期間に撫松をはじめ興隆村、大営、万里河などの広い地域に急速に拡大されました。その日々、カン・バンソク女史は、女性たちを目覚めさせるため文字を教え、女性も団結すれば大きな力を発揮することができると、団結の真理も教え諭しました」

第4号室に入ると、カン・バンソク女史を描いた美術作品が目を引きます。創建されたばかりの反日人民遊撃隊の隊員たちを見て感激する女史の姿です。その姿に、息子の革命武力の創建のため婦女会の女性たちと共に夜を明かしながら軍服を作り、赤旗に一針二針刺繍をした女史の姿が胸熱く浮かんで来ます。

「受難の多い革命の道で武装闘争だけが生きる道だという貴い精神を胸に刻んだカン・バンソク女史は、息子を助けて武器を運び、反日人民遊撃隊の創建の時は、反日婦女会の女性たちと共に軍服と赤旗を作りました。後日、偉大な金日成主席は、カン・バンソク女史の輝かしい一生を感慨深く振り返り、抗日遊撃隊は母が炊いたご飯を食べ、母がつくった軍服を着て、母が作った旗を掲げて創建されたと述べました」

実に、カン・バンソク女史は偉大な金日成主席を生み育てた朝鮮の母、朝鮮革命の歴史に不滅の貢献をした熱烈な革命家でした。外へ出ると、チルゴル革命史跡地にカン・バンソク女史の胸像があります。多くの人が、女史の胸像に献花し、革命にすべてを捧げた女史に心からの敬意を表しています。

ひたすら国と人民のために尽くした女史の願いは、マンギョン一家*4の偉大な後継者である敬愛する金正恩同志により見事に実現するでしょう。

2013年の記事
康盤石金亨稷金日成
反日人民遊撃隊反日人民遊撃隊の創建に際して
15年間の抗日戦争またといない先軍の総帥を戴いて安図の春輝く生涯革命的武装組織のルーツ朝鮮革命軍革命武力の礎を築いた不滅の業績革命武力建設の歴史に特筆すべき出来事鋼鉄の総帥金日成大元帥抗日大戦を宣言した歴史的会議抗日武装闘争の宣言朝鮮の栄光(朝鮮人民軍創建)朝鮮の母朝鮮解放の恩人熱血の革命家の輝かしい人生熱烈な愛国で輝く生涯初の革命武力の誕生初の革命的武力初の革命的武力の誕生不屈の革命家キム・チョルチュ同志歴史的なワンジェ山会議
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 平壌市(평양시)
*2 万景台区域(만경대구역)
*3 七谷(칠곡)
*4 放送では「マンギョンデ一家」と言っている。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-07 (金) 13:32:24