輝く生涯

4月21日は偉大な金日成主席の母であるカン・バンソク女史の誕生129周年になる日です。女史はピョンヤンのチルゴルと言うところの質素な農家に生まれました。カン・バンソク女史は国と人民への熱い愛情と献身、犠牲の精神で一生を燃やした女性革命家でした。

20世紀初頭、朝鮮が日本の植民地になった後、女史は朝鮮の反日民族解放運動の卓越した指導者であるキム・ヒョンジク先生の革命活動を助け、革命家の妻としての本分を果たしました。また、金日成主席の指導の下、朝鮮初の革命的な女性大衆組織である反日婦女会も組みました。婦女会員と一緒に軍服を作り、食糧も確保して、反日人民遊撃隊の創建のため奮闘しました。

武器を手に日本帝国主義を打ち倒す道だけが国の独立と人民の自由と解放のための真の道であることを固く信じた女史でした。女史の生涯は子たちを国の棟梁に立派に育てた偉大な母の高潔な一生涯でした。

チュチェ21(1932)年、主席が創建されたばかりの反日人民遊撃隊を率いて遠征に発つ前に家に寄ったときのことでした。病魔に苦しんでいる母のことが心配で家の周囲を回っている主席に女史は、この先、おまえが母さんのことを気にしてここへ来ると言うなら、二度と門前に現れてはいけないよ、私はそんな息子には会わないから、と厳しく言いました。これが主席と女史の最後の別れとなりました。

息子のためなら、空の星をも取って来、火の中にも躊躇うことなく飛び込む女史でした。しかし、主席に注いだ女史の愛情は単なる母性愛ではありませんでした。息子をわが子と思う前に国の息子と思い、親に孝養を尽くす前に国に忠誠をつくすべきことを息子たちに教えた革命的な真の愛情でした。それで、主席は長い歳月が経った後も母のことが忘れられず、母の生涯は、私の心に真の人生観、革命観を植えつけてくれた教科書と言えるものだと胸熱く振り返ったのです。

40年と言う女史の生涯は極めて短いものでした。しかし、国と革命に残した功績は多大なもので、朝鮮人民は女史が誕生した由緒深いチルゴルに女史の銅像を建てました。

わが子への愛情も家庭の幸せも国と革命のために残らず捧げたカン・バンソク女史。

その尊い姿は偉大な母の鑑として朝鮮人民の心の中に大切にしまわれています。

(フィーチャー)

ike210310040_001.jpg
2021.04.18の記事
 

反日人民遊撃隊反日人民遊撃隊の創建に際して
15年間の抗日戦争またといない先軍の総帥を戴いて安図の春革命的武装組織のルーツ朝鮮革命軍革命武力の礎を築いた不滅の業績革命武力建設の歴史に特筆すべき出来事鋼鉄の総帥金日成大元帥抗日大戦を宣言した歴史的会議抗日武装闘争の宣言朝鮮の栄光(朝鮮人民軍創建)朝鮮の母カン・バンソク女史朝鮮の母朝鮮解放の恩人熱血の革命家の輝かしい人生熱烈な愛国で輝く生涯初の革命武力の誕生初の革命的武力初の革命的武力の誕生不屈の革命家キム・チョルチュ同志歴史的なワンジェ山会議

 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-04-19 (月) 19:35:39