朝鮮の栄光

4月25日は、朝鮮人民軍創建83周年を迎える有意義な日です。

ピョンヤンの至るところに朝鮮労働党の旗と最高司令官の旗がなびいており、色々なポスターが張られたパネルが設置され、祝日ムードがいっそう盛り上がっています。代を継いで天下一の名将を指導者に戴いた大きな感激と民族の誇りに満ちています。

革命武力の創健者

早くも10代の時に革命を始め、銃重視、軍事重視の革命原理を示した偉大な金日成主席は抗日武装闘争を展開する戦略的な方針を打ち出してチュチェ21(1932)年4月25日、朝鮮人民革命軍の前身である反日人民遊撃隊を創建しました。

これは銃でもって国と民族の運命を切り開く革命の主力軍の誕生を告げる厳かな宣言であり、朝鮮革命が先軍の一路を成功裏に進むようにした歴史的な出来事でした。この時から朝鮮人民は5000年の歴史で初めて真の軍隊を持ち、民族解放偉業を成功裏に実現することができました。

朝鮮人民革命軍が創建された後、初の戦闘が行われた時のことです。金日成主席は我々が銃を取って立ち上がったのだから、銃声を上げなければならないとし、夜中に隊員たちを率いて中国東北地方の小営子嶺というところにたどり着きました。そして待ち伏せしているところに敵軍が入ると、岩の上に上がって射撃の命令を下しました。部隊は一気に戦いの結末をつけました。

主席の巧みな指揮の下で戦闘は勝利し、人民と隊員たちに軍隊が組織され、銃を取ったからには発射すべきだし、銃を発射すれば勝利しなければならないという真理を教え諭しました。このように金日成主席は武装には武装で立ち向かわなければならないという路線を示し、15年もの困難で険しい抗日武装闘争を勝利へと導いて国の解放の歴史的偉業を達成しました。

社会科学院の金日成主席の革命活動の歴史研究所の所長、教授、博士ソン・ドンウォンさんのお話です。

「金日成主席は解放された国で革命武力をさらに強めてアメリカの傲慢な鼻っ柱をへし折り、民族の尊厳と国の自主権を守り抜きました。国の解放直後から数十年間、18万2400キロに当たる長距離の軍視察を続けましたが、その中には朝鮮人民軍の陸軍、海軍、航空及び対空軍の3千余りの各部隊が含まれています。その視察を通して、人民軍を一当百、一騎当千の革命強兵につくり、国の自主権と民族万代の繁栄のための強力な軍事的土台を築きました」

先軍革命指導の日々に

偉大な金正日総書記は朝鮮人民軍を鋼鉄の革命武力、必勝不敗の革命強兵にさらに強めました。金正日総書記は先軍の旗を高く掲げて強力な軍事力、銃に依拠して朝鮮民族の尊厳と最高利益を守り、社会主義朝鮮を負けを知らない強国に作りました。

総書記がある人民軍部隊を訪れて軍人たちの訓練を見たときのことです。総書記は訓練を見て軍人みなが勇ましく、大胆だとして、とても喜びました。訓練が終わった後も総書記は軍人たちの訓練が立派だと高く評価し、指揮官たちに、私が常々言っていることだが、一当百で基本は戦闘政治訓練を強めることだ、戦闘政治訓練を強めるとき、部隊の戦闘力をしっかり固め、敵との戦いに常に勝利することができると言いました。

そして戦闘政治訓練をさらに力強く行なって軍人みなをいかなる状況下でも戦闘任務を自立的に、円満に遂行できる一当百のつわものに育てなければならないと再三強調しました。

チュチェ83(1994)年12月のことです。この日、共和国の領空に侵入したアメリカ侵略軍のヘリが一人の人民軍軍人の銃一発によって撃墜しました。この事を聞いた総書記はこの度、人民軍で、アメリカ侵略者に共和国の気概をはっきり示したとし、敵が共和国の領土を0.001ミリでも侵すなら絶対許してはならないと言いました。

総書記のこの言葉には誰であれ、共和国の自主権を侵すことに対しては情け容赦ない打撃を加えなければならないという揺るぎない意志が込められていました。その後も総書記は人民軍の指揮官たちに人民軍は強硬で断固としているのが特徴だ、これは抗日革命闘争の時からの人民軍の伝統である、われわれに手出しする者は断固懲罰すべきだと言いました。

このように偉大な先軍の総帥金正日総書記の精力的な導きによって共和国の革命武力は無敵の軍隊の名を馳せることができました。

人民の喜び

その名呼ぶだけで
胸に寄せてくる喜びの波
天下一の偉人を戴く
人民の誇り…

敬愛する金正恩元帥を仰いで歌う人民軍軍人と人民の感激と喜びに満ちた歌です。金正恩元帥は金日成主席と金正日総書記の意志どおり、一にも、二にも、三にも人民軍をあらゆる面から強めなければならないとし、大事な兵士たちを訪れて先軍革命指導を続けています。

チュチェ101(2012)年8月17日、金正恩元帥は小さい木造船に乗って島の防御部隊を訪れました。毎日、敵軍と対峙している最前線の島の人民軍部隊を訪れた元帥は敵軍のいかなる不意の侵略も適時に粉砕できるよう万端の用意が出来ていることに大きな満足の意を表しました。

そして防御部隊が打撃する目標地点を一つ一つ検討し、敵軍が挑発すればこっ酷い目に合わせるようにと、兵士たちを励ましました。続けて元帥は教育室と寝室、食堂と風呂つき洗面所、副食物の倉庫、野外の休息の場で兵士たちがどう生活しているか詳しく見ました。息子娘を人民軍に送った親の気持ちそのままに兵士たちの生活をかえりみたのです。

社会科学院の金日成主席の革命活動の歴史研究所の研究室主任ホン・チョルミンさんのお話です。

「金正恩元帥の熱い恩愛の中、軍に服している人民軍兵士ほど、幸せな兵士はいないでしょう。いつも兵士たちを尋ねて生活の隅々まで気を配る元帥を仰いで息子娘を軍隊に送った親だけでない国中の人みなが不世出の先軍の総帥を最高司令官に戴いた大きな誇りを感じています。愛情と信頼で綴られた先軍の総帥の貴い足跡と共に社会主義朝鮮は誰も手出しできない不抜の強国の名を馳せています」

このように天下一の名将を戴く大いなる栄光の中、共和国の軍隊と人民は革命勝利への自信と楽観に満ちて建軍デーを有意義に迎えています。

2015年の記事
 

4月25日は、朝鮮人民軍創建84周年を迎える有意義な日です。代を継いで天下一の名将を指導者に戴いた大きな感激と民族の誇りに満ちています。

革命武力の創健者

早くも10代の時に革命を始め、銃重視、軍事重視の革命原理を示した偉大な金日成主席は抗日武装闘争を展開する戦略的な方針を打ち出してチュチェ21(1932)年4月25日、朝鮮人民革命軍の前身である反日人民遊撃隊を創建しました。これは銃でもって国と民族の運命を切り開く革命の主力軍の誕生を告げる厳かな宣言であり、朝鮮革命が先軍の一路を成功裏に進むようにした歴史的な出来事でした。この時から朝鮮人民は5000年の歴史で初めて真の軍隊を持ち、民族解放偉業を成功裏に実現することができました。

反日人民遊撃隊が創建された後、初の戦闘が行われた時のことです。金日成主席は我々が銃を取って立ち上がったのだから、銃声を上げなければならないとし、夜中に隊員たちを率いて中国東北地方の小営子嶺というところにたどり着きました。そして待ち伏せしているところに敵軍が入ると、岩の上に上がって射撃の命令を下しました。部隊は一気に戦いの結末をつけました。

主席の巧みな指揮の下で戦闘は勝利し、人民と隊員たちに軍隊が組織され、銃を取ったからには発射すべきだし、銃を発射すれば勝利しなければならないという真理を教え諭しました。このように金日成主席は武装には武装で立ち向かわなければならないという路線を示し、15年もの困難で険しい抗日武装闘争を勝利へと導いて国の解放の歴史的偉業を達成しました。

社会科学院の金日成主席の革命活動の歴史研究所の研究者、教授、博士ソン・ドンウォンさんのお話です。

「金日成主席は解放された国で革命武力をさらに強めてアメリカの傲慢な鼻っ柱をへし折り、民族の尊厳と国の自主権を守り抜きました。国の解放直後から数十年間、18万2400キロに当たる長距離の軍視察を続けましたが、その中には朝鮮人民軍の陸軍、海軍、航空及び対空軍の3千余りの各部隊が含まれています。その視察を通して、人民軍を一当百、一騎当千の革命強兵につくり、国の自主権と民族万代の繁栄のための強力な軍事的土台を築きました」

先軍革命指導の日々に

偉大な金正日総書記は朝鮮人民軍を鋼鉄の革命武力、必勝不敗の革命強兵にさらに強めました。金正日総書記は先軍の旗を高く掲げて強力な軍事力、銃に依拠して朝鮮民族の尊厳と最高利益を守り、社会主義朝鮮を負けを知らない強国に作りました。

総書記がある人民軍部隊を訪れて軍人たちの訓練を見たときのことです。総書記は訓練を見て軍人みなが勇ましく、大胆だとして、とても喜びました。訓練が終わった後も総書記は軍人たちの訓練が立派だと高く評価し、指揮官たちに、私が常々言っていることだが、一当百で基本は戦闘政治訓練を強めることだ、戦闘政治訓練を強めるとき、部隊の戦闘力をしっかり固め、敵との戦いに常に勝利することができると言いました。

そして戦闘政治訓練をさらに力強く行なって軍人みなをいかなる状況下でも戦闘任務を自立的に、円満に遂行できる一当百のつわものに育てなければならないと再三強調しました。

チュチェ83(1994)年12月のことです。この日、共和国の領空に侵入したアメリカ侵略軍のヘリが一人の人民軍軍人の銃一発によって撃墜しました。この事を聞いた総書記はこの度、人民軍で、アメリカ侵略者に共和国の気概をはっきり示したとし、敵が共和国の領土を0.001ミリでも侵すなら絶対許してはならないと言いました。

総書記のこの言葉には誰であれ、共和国の自主権を侵すことに対しては情け容赦ない打撃を加えなければならないという揺るぎない意志が込められていました。その後も総書記は人民軍の指揮官たちに人民軍は強硬で断固としているのが特徴だ、これは抗日革命闘争の時からの人民軍の伝統である、われわれに手出しする者は断固懲罰すべきだと言いました。

このように偉大な先軍の総帥金正日総書記の精力的な導きによって共和国の革命武力は無敵の軍隊の名を馳せることができました。

人民の喜び

その名呼ぶだけで
胸に寄せてくる喜びの波
天下一の偉人を戴く
人民の誇り…

敬愛する金正恩元帥を仰いで歌う人民軍軍人と人民の感激と喜びに満ちた歌です。金正恩元帥は金日成主席と金正日総書記の意志どおり、一にも、二にも、三にも人民軍をあらゆる面から強めなければならないとし、大事な兵士たちを訪れて先軍革命指導を続けています。

チュチェ101(2012)年8月17日、金正恩元帥は小さい木造船に乗って島の防御部隊を訪れました。毎日、敵軍と対峙している最前線の島の人民軍部隊を訪れた元帥は敵軍のいかなる不意の侵略も適時に粉砕できるよう万端の用意が出来ていることに大きな満足の意を表しました。

そして防御部隊が打撃する目標地点を一つ一つ検討し、敵軍が挑発すればこっ酷い目に合わせるようにと、兵士たちを励ましました。続けて元帥は教育室と寝室、食堂と風呂つき洗面所、副食物の倉庫、野外の休息の場で兵士たちがどう生活しているか詳しく見ました。息子娘を人民軍に送った親の気持ちそのままに兵士たちの生活をかえりみたのです。

社会科学院の金日成主席の革命活動の歴史研究所の研究室主任ホン・チョルミンさんのお話です。

「金正恩元帥の熱い恩愛の中、軍に服している人民軍兵士ほど、幸せな兵士はいないでしょう。いつも兵士たちを訪ねて生活の隅々まで気を配る元帥を仰いで息子娘を軍隊に送った親だけでない国中の人みなが不世出の先軍の総帥を最高司令官に戴いた大きな誇りを感じています。愛情と信頼で綴られた先軍の総帥の貴い足跡と共に社会主義朝鮮は誰も手出しできない不抜の強国の名を馳せています」

このように天下一の名将を戴く大いなる栄光の中、共和国の軍隊と人民は革命勝利への自信と楽観に満ちて建軍デーを有意義に迎えています。

2016年の記事
 
 

4月25日は朝鮮人民軍創建85周年の日です。

この日を迎える朝鮮人民の喜びようはなんとも言いようのないものですが、それは代を継いで天下一の名将を指導者に仰ぐ大きな感激と民族的誇り、この上ない幸福感の表れです。

悟らせた真理

偉大な金日成主席は朝鮮革命の新しい歴史を切り開いていた10代の時に、非凡な英知で銃重視、軍事重視の革命原理とともに、抗日武装闘争を繰り広げることについての戦略的方針を示しました。そして、チュチェ21(1932)年4月25日、朝鮮人民革命軍を創建しました。

その時から朝鮮人民は5千年の民族史で初めて自分の真の軍隊、革命の中核部隊を持って民族解放の偉業を成功裏に進めることができました。主席は軍隊が組織され、銃を取ったからには、それを発射すべきだし、銃を発射すれば勝利しなければならない、と言う真理を悟らせました。

朝鮮人民革命軍は傑出した総帥の導きの下、正義の銃で日本帝国主義者を打ち破り、国の解放の歴史的偉業を成し遂げました。主席は国が解放された後、革命武力を一層強化し、その力でアメリカの傲慢な鼻っ柱をへし折り、民族の尊厳と領土、自主権をしっかり守りました。

国の解放直後から生涯を閉じるまでの数十年間、1万1400キロの路程に沿って、朝鮮人民軍陸軍、海軍、航空及び対空軍の3千余りの部隊を視察して、朝鮮人民軍を一当百、一騎当千の革命強兵に育て、国の自主権と民族万代の繁栄のための強力な軍事的保証をもたらした主席の不滅の業績は歴史に深く刻まれています。

先軍革命指導の日々に

偉大な金正日総書記は朝鮮人民軍を鋼鉄のような革命部隊に、必勝不敗の革命強兵にさらに発展させました。総書記は先軍の旗を高く掲げ、強力な軍事力に頼って朝鮮民族の尊厳と最高利益を守り、社会主義朝鮮を必勝不敗の強国に輝かせる大きな業績を成しました。

総書記が人民軍のある部隊を訪れ、軍人たちの訓練を見た時のことです。総書記は軍人たちが勇敢で大胆だとほめました。

訓練が終わった後、総書記は軍人たちが見事な訓練振りを見せたと高く評価し、私が常々言っていることだが、一当百のキーポイントは戦闘政治訓練を強化することだ、戦闘政治訓練を強化してこそ、部隊の戦闘力をしっかり固め、敵との戦いで百戦百勝できると教えました。

そして、戦闘政治訓練に励んで軍人みながいかなる条件の下でも任された戦闘任務を自立的に十分果たせる一当百のつわものに育てなければならない、と再三強調しました。

チュチェ83(1994)年12月のことです。この日、共和国の領空を侵犯した米軍ヘリが人民軍軍人が撃った一発の迎撃弾に撃墜される事件が起きました。このことについて聞いた総書記は、人民軍がこの度、アメリカ侵略者に朝鮮人の気概をはっきり示した、敵が共和国の領土を0.001ミリでも侵すなら、絶対許してはならないと言いました。

総書記のこの言葉には朝鮮の自主権を侵す者は誰であれ、情容赦のない打撃を加えるべきだいう固い意志が込められていました。その後も総書記は人民軍の指揮官たちに、朝鮮人民軍は強硬で断固としているのが特徴である、これは抗日革命闘争の時から引き継がれる朝鮮人民軍の伝統である、われわれに手出しするものは断固懲罰すべきだと言いました。

このように偉大な先軍の総帥である金正日総書記の精力的な導きによって朝鮮の革命武力は無敵強兵の威容を轟かすことができました。

光栄の至り

国を守るため最前線への視察をつづけている敬愛する最高指導者金正恩元帥を仰ぎ、人民軍軍人と人民は代を継いで天が授けた名将に導かれるこの上ない光栄、幸運を感じています。金正日総書記が歩んだ先軍の道をそのまま引き継ぐ元帥がいるので朝鮮の革命武力は百倍、千倍に強まっています。

パク・キョンスンさんのお話です。

「最高司令官が険しい山道を登って訪ね、また荒れ狂う波をついて訪ねた島の人民軍部隊はいずれも生前、総書記が訪ね、また訪ねた所です。最高司令官は私が服務していた飛行部隊も訪ねました。今も双子の娘のパイロットだと恩情を注ぎ、押し立ててくれた主席と総書記のことが忘れられません。主席と総書記の下で力を増してきた朝鮮の革命武力が、金正恩元帥の下でいっそう強くなったので光栄の至りです」

愛情で引き継がれ、信頼で綴られた先軍の総帥の貴い足跡と共に社会主義朝鮮は誰も手出しできない必勝不敗の軍事強国となりました。

このように天下一の名将を仰ぐ朝鮮の軍人と人民は革命勝利への自信と楽観に満ちて朝鮮人民軍創建記念日を意義深く迎えています。

IKE170315003_002.jpg
IKE170315003_003.jpg
2017年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-25 (火) 10:06:38