熱血の革命家の輝かしい人生

20世紀にあった朝鮮人民の抗日大戦で多くの革命家が青春を捧げて国の解放偉業に貢献しました。朝鮮人民がいつまでも記憶している熱血の革命家の中には偉大な金日成主席の弟であるキム・チョルチュ同志もいます。

テソン山革命烈士陵の解説係りのチョン・オクチュンさんのお話です。

「キム・チョルチュ同志はチュチェ5(1916)年6月12日、マンギョンデ*1の革命的な家庭に生まれ、幼い時から兄の金日成主席から革命的な影響を受けました。キム・チョルチュ同志は早くも10歳の時から革命を始めました。国と民族、革命のために青春を捧げよう!、これがキム・チョルチュ同志の座右の銘でした」

キム・チョルチュ同志は国と革命偉業に限りなく忠実な革命家でした。幼い時から国を奪われた民族の悲しみと不幸を骨身にしみるほど体験しながら日帝に対する憎悪と反抗の精神を培ったキム・チョルチュ同志は燃えるような愛国心と優れた英知、胆力を身につけ、任された革命任務を立派に果たしました。活発な演芸活動を行って大衆を反日闘争へと呼び起こし、セナル少年同盟員たちに軍事をよく学ぶなら日帝との大きな戦いにも勝てるといって、同盟員と共に軍事訓練にも積極的に参加したこと、そして臨機応変の知略で敵の武装を奪い取って反日人民遊撃隊創建の準備に大きく寄与したことなどは革命に対するキム・チョルチュ同志の限りない忠誠心からのものでした。

キム・チョルチュ同志は母のカン・バンソク女史がなくなった後、両親の生前の志を必ず実現することを心に誓い、主席の所へ行きました。当時、主席はキム・チョルチュ同志に武装闘争を積極的に繰り広げるには共産主義青年同盟の組織をしっかり整えなければならないといって、同盟活動を活気よく推し進めるための課題を与えました。キム・チョルチュ同志は主席から与えられた課題の実行のため同盟の活動を力強く推し進める一方、多くの青年同盟員を準備させて朝鮮人民革命軍に入隊させ、また、難題とされていた中国人反日部隊との工作任務も巧みに遂行しました。

チョン・オクチュンさんは続けてこう話しました。

「国と民族のために全てを捧げたキム・チョルチュ同志はチュチェ24(1935)年6月14日、不意に遭遇した敵との激戦の末、19歳の若さで戦死しました。主席はキム・チョルチュ同志の生涯を、炎のように燃えて炎のように去った人生だったと思い起こしました。炎のように燃える人生、これが不屈の革命家キム・チョルチュ同志の生涯に対する総括でした」

朝鮮人民の心の中に大事にしまわれたキム・チョルチュ同志の姿は革命戦士の生き方はどうあるべきかを教えています。

2016年の記事
キム・チョルチュ(金哲柱)大城山革命烈士陵セナル少年同盟
反日人民遊撃隊:反日人民遊撃隊の創建に際して
またといない先軍の総帥を戴いて安図の春輝く生涯革命的武装組織のルーツ朝鮮革命軍革命武力の礎を築いた不滅の業績革命武力建設の歴史に特筆すべき出来事鋼鉄の総帥金日成大元帥抗日大戦を宣言した歴史的会議抗日武装闘争の宣言朝鮮の栄光(朝鮮人民軍創建)朝鮮の母カン・バンソク女史朝鮮の母朝鮮解放の恩人熱烈な愛国で輝く生涯初の革命武力の誕生初の革命的武力の誕生不屈の革命家キム・チョルチュ同志歴史的なワンジェ山会議
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 万景台(만경대)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-10 (月) 22:45:45