教育革命を起こして

教育強国、人材強国の建設を目指している朝鮮では、チュチェ108(2019)年も教育で革命を起こしました。教育革命は本質上、教員の革命で、教員は教育革命の前哨です。教員の資質は教育の質で、生徒、学生の実力は国の前進速度です。

9月、ピョンヤンでは国中の人民と教員みなの大きな関心と期待のなか、第14回全国教員大会が前例のない規模で開かれました。大会を機に共和国の教育者たちは、「生徒、学生を立派な革命の人材に育て、国の未来を保証しよう!」というスローガンを掲げて、社会・経済の発展を担う充実した人材の育成に努めました。

「朝鮮の声」放送は「国際コンクール受賞者を育てた教員」、「50数年も新しい世代のために」、「教育者一家の富」などの番組を通じて、教育者の献身的な姿を紹介しました。けれど、それは一部に過ぎません。多くの教育者が次の世代の教育のしっかりした根となり、影日なたなく、その教育に全てを捧げています。

根がしっかりしていれば充実した実がなるものです。朝鮮の大学生たちは4月と5月、国際的なインターネットプログラム・コンクール「コードシェープ」で2連覇を果たしました。そして4月の第43回国際大学生プログラムコンクールの世界決勝戦で銀メダルを獲得し、東アジア地域の最優秀賞を授かりました。また、第28回世界記憶力選手権大会で11個の金メダルを含む28個のメダルを獲得して、国別ランキング1位になりました。

世界記憶力選手権理事会総会長は、ほんとうに想像を絶するものだ、朝鮮の6人の選手みなが国際記憶大家の賞を受けたことで、朝鮮は世界記憶力選手権大会の最高の境地に達したと驚嘆を禁じえませんでした。

3月に行われた第3回クライネフ・モスクワ国際ピアノコンクールでも朝鮮の生徒たちが大人気でした。慣例に従って前回のコンクールで特等に選ばれた14歳のチェ・ジャンフンさんが幕開きの公演に出演しました。コンクールの審査委員会委員長はチェさんがクライネフ・コンクールの自慢で世界音楽界の自慢だとし、これから朝鮮ではチェさんのような世界的な音楽家がより多く排出するだろうと言いました。このコンクールでキム・ジウォンさんは2部類(12歳から16歳まで)で、国際コンクール受賞者の賞状を、ペ・ヨンジュさんは3部類(17歳から22歳まで)で特別演奏の賞状を授かりました。

27回目を迎える世界的に有名なピアノ・コンクールのひとつであるショパン国際青少年ピアノ・コンクールでも6歳のユ・ジンアさん、リ・グォンユンさんと15歳のキム・イェソンさんが特別賞を受けました。11月25日から12月3日までモスクワで行われた第16回国際祭典「モスクワは友を迎える」ではキョンサン幼稚園のオウングム4重奏団が朝鮮固有の楽器であるオウングムの独特な音色と多様な演奏技法で絶賛を博しました。

祭典組織委員会委員長を始め、芸術専門家たちは朝鮮の子供たちの魅力的な公演に観客はすっかり魅せられた、このような音楽の神童を数多く育てている朝鮮のすばらしい教育制度が羨ましい限りだと言いました。

教育を重視し、極力支援する社会全般のムードのなか、教育条件と環境の改善でも多くの成果が収められました。教育施設の近代化と教室の多機能化の実現に励んで、全国的に230数校のモデルとなる学校が完工され、4400あまりの教室が多機能化されました。

ike191113015_004.jpg

上の写真は「朝鮮の声」のインターネット版で紹介されたピョンヤンのテソン区域*1リョミョン幼稚園*2とテドンガン区域*3オクリュ小学校*4の写真です。朝鮮では幼稚園での1年間の就学前教育と5年間の小学校教育、3年間の初級中学校教育と高級中学校教育、合わせて12年間の系統的な教育期間を通じて、十分な基礎教育を与えています。人材育成を木を育てることに例えるなら、教育は土壌、教育条件と環境は肥やしに例えられるでしょう。

教育が第一の国事に、社会主義強国建設の命脈となっているので、朝鮮での教育強国、人材強国の建設は早められるに違いありません。

(今日の朝鮮)

ike191113015_001.jpg
ike191113015_002.jpg
ike191113015_003.jpg
2019年の記事
チェ・ジャンフン、ユ・ジンア、リ・グォンユン国際舞台に出たキョンサン幼稚園の卒業生


第14回全国教員大会明るい未来のために返した花束教育者一家の富幸福、誇り幸せの歌世界教員の日に際して根と実



TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 大城区域(대성구역)
*2 黎明幼稚園
*3 大同江区域(대동강구역)
*4 玉流小学校

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-21 (土) 11:49:25