国際記憶大家賞を受けた女子大生たち

昨年12月末、中国香港では第27回世界記憶力選手権大会が行われました。競技は、トランプ記憶、偶然単語の記憶、抽象模様の図形の記憶、顔と名前の記憶など10項目で3日間、行われました。

各国と地域から集まってきた数百人の選手が参加した今大会に、朝鮮のキムヒョンジク師範大学の3人の学生が参加しました。そのうち、パン・ウンシムさんとリ・ソンミさんは国際記憶大家賞を受けました。

朝鮮ではすでに世界記憶力選手権大会で適用する項目と基準を含めて毎年、知能を競うコンクールが行われています。その過程に優れた知力の強者、記憶の名手が数多く育ちました。今大会に参加した学生たちもその中に入ります。

キムヒョンジク師範大学の教員チャ・ヨンホさんは語ります。

「共和国の選手たちは今回の競技に初出場ですが、自信満々と参加し、多くの成果を収めました。競技の全期間、9件の世界記録が塗り替えられ、そのうちの4件がキムヒョンジク師範大学の学生が立てた記録で、2人が国際記憶大家賞を受けました。このような成果は共和国の優れた社会主義教育制度と教育の水準を見せる重要な契機だったと思います」

あらゆる形の教育が無料で実施されている朝鮮には、整然とした英才教育システムが立てられ、これに必要な教育条件の一切は国持ちです。

-朝鮮の学生の参加は今大会を立派に飾った、朝鮮の高い教育レベルが感じられる。
-朝鮮に行って学びたい。
-朝鮮の前途はこのような知力の強者がいて洋々たるものだ。

これは、今大会参加者の一様な声でした。

国際記憶大家賞の受賞者のパン・ウンシムさんは金メダル5つ、シニア級で1位、リ・ソンミさんは金メダル2つをさらいました。

2人のお話を聞いて見ましょう。

「私は国内コンクールで何回も優勝しました。ところが国際競技には初めてでしたので、私がきっと1位になるとの自信はありませんでした。でも、競技場で共和国の旗を見ていると、国の栄誉を必ずとどろかさなくてはとの自覚が生まれ、それが私を励ましました。その精神力と先生と友達の助けがなかったら、今回、優勝することができなかったと思います」

「このたびの競技を通じて、私たちはいくらでも世界選手権を保持し、堂々と世界の1位を占めることができるとの自信がつきました」

朝鮮の社会主義教育制度で育った国際記憶大家賞の受賞者たち。

肥えた大地にしっかり根を下ろした種は、豊かな実を結ぶものです。

(今日の朝鮮)

IKE181211034_001.jpg
IKE181211034_002.jpg
IKE181211034_003.jpg
IKE181211034_004.jpg
2019年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-23 (水) 16:06:07