「5円55銭」

5円55銭」、この日本語は朝鮮民族に日帝に対する激しい怒りと憎悪を呼び起こす代名詞となっています。

1923年9月1日、日本の関東地方では日本史上例を見ない大地震が起きました。

金日成総合大学歴史学部の講座長、博士、助教授キム・ビョンチョルさんのお話です。

「当時、火災を伴った突発的な大地震により、関東地方の大部分の地域が瞬時にして火の海と化しました。地震による被害が酷いものだったにもかかわらず、日本政府は死傷者と罹災民に対するなんの救済対策も立てませんでした。それで日本全体が物情騒然となり、政府に対する不満が高まりました。すると日帝は人民の反政府感情を鎮め、耳目を他に逸らすため極悪非道な朝鮮人集団殺戮の犯罪を企みました」

9月2日、日本王はいわゆる「勅令」で戒厳令を宣布し、日本の反動政府は「朝鮮人が放火する」、「朝鮮人が井戸に毒薬をまいた」などという謀略宣伝をし、民族的対立感情を煽りました。それとともに、内務大臣水野錬太郎が船橋海軍無線局を通じて、全国に「朝鮮人撲滅」の緊急命令を下しました。これに従い日本軍と警察部隊、在郷軍人、「自警団」、「青年団」、右翼「反共」団体とごろつきは在日朝鮮人を手当たり次第に虐殺しました。

中央階級的教育館キム・ギョンアさんは語ります。

「日本の殺人鬼どもは朝鮮人を見ただけで撃ち殺し、刺し殺し、焼き殺し、あるいは水に投げ込んで殺し、子供たちに列を組ませて親の前で首を刎ねたり朝鮮人の手足をのこぎりで切り落とし、生き目玉を包丁で抉り取るなどあらゆる蛮行を働きました。路地ごとに避難民を集めさせ、『検問所』を設けては朝鮮人が発音し難い『5円55銭』という日本語を言わせては朝鮮人を選ってその場で虐殺しました。関東大震災のとき、犠牲になった在日朝鮮人の数は『朝鮮総督府』の資料にある数字だけをみましても2万3千人を上回ります」

当時、朝鮮人の惨事を目撃した東京駐在各国大使と公使は、野蛮な日本を相手に外交活動を続けられないとし、日本外務省に連名で抗議しました。このような事実は日帝が関東大震災のとき、いかに残酷な方法で朝鮮人大殺戮を展開したかを如実に語っています。

日本政府の計画的な策謀によって働かされた関東地方での反人倫の大殺戮蛮行は、日本が執拗に追求してきた朝鮮民族抹殺政策の所産でした。それから1世紀近くになりますが、今も日本では在日朝鮮人に対する極度の民族差別行為と排斥、総聯抹殺策動が続いています。これは罪の上塗りで絶対許せないものです。

朝鮮人民は日本の反動勢力のこの妄動を傍観せず、過去の犯罪の代償を必ず支払わせるでしょう。

(時事評論)

ike190807030_001.jpg
ike190807030_002.jpg
ike190807030_003.jpg
2019年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-01 (日) 12:25:42