ギャング国家のヒステリックな狂気沙汰

先日、日本警察が100人余りの武装警官を動員して朝鮮総聯東京都本部と総聯活動家の私宅、朝鮮学校を支援する為に設立された未来財団を強制捜索しました。

警察は昨年10月、古物商法違反という容疑で当時の総聯葛飾支部委員長の私宅を隅々まで取り調べ、委員長を逮捕しました。それから数ヶ月が経った今になって再び委員長を連行した日本警察は、委員長の通帳に総聯組織に送金した記録があったという難癖をつけてこの度のような強制捜索を行ったのです。またこれをマスコミを通じて大騒ぎし、日本社会に反総聯のムードを盛り上げようとしています。これは日本の反動勢力が、半狂乱の総聯弾圧の度に使いこなした手口です。

現実は、日本と言う島国が全く無知で粗暴なギャング国家、犯罪の巣窟に成り下がった事をそのまま見せています。

朝鮮人民は1923年、関東大震災の時の日帝による朝鮮人大虐殺を今尚忘れずにいます。「朝鮮人が井戸に毒を入れた、放火した」等のデマを飛ばして、多くの朝鮮人を野蛮に殺した日帝の身震いする民族排外主義思想と犯罪の手口は、世紀が変わった今も侍の後裔の固有な生理としてそのまま遺伝されています。

この度の強制捜索は、安倍政権が日本を戦争を行える国家につくる為いつになく「北朝鮮の脅威」なるものを吹聴し、共和国を押し潰す為のアメリカとの協調を執拗に追及している時に働かされました。共和国が戦略国家として急激に浮上し、共和国の主導的な役割によって朝鮮半島で緊張緩和と北と南の関係改善のムードが盛り上がりを見せている今、日本の反動勢力が一番恐れているのは、骨髄に徹した再侵略の野望が水泡に帰する事です。

安倍政権はその仕返しとして総聯組織と団体に対する強制捜索を行いました。共和国の尊厳ある海外公民団体である総聯を「不法団体、違法団体」呼ばわりして日本全域に反共和国、反総聯のムードを盛り上げ、これを機に朝鮮半島の情勢を激化させて軍国主義の野望を実現する為の礎を築こうというのが安部政権の本音です。

今世界は、歴史的に見ても、また国際法上から見ても保護すべき在日朝鮮人を人質として、反共和国、反総聯策動を追及する卑劣な日本当局に驚愕しており、共和国の軍隊と人民は日本の反動勢力の策動に血を滾らせ、百倍、千倍にして報復する一念で胸を燃やしています。

日本当局が半狂乱の狂気沙汰で反総聯、反朝鮮人弾圧に出るほど、人権の不毛の地、政治矮人としての日本の醜悪で厚顔無恥な正体を一層曝け出すだけです。

(時事評論)

2018.02.16 サイト音声の聞き書き
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-18 (日) 00:00:05