「白金」を掘り出す科学者

私たちが住んでいる地球、その地下には生活に必要な全ての源泉、代々譲り渡す大事な資源があります。金日成総合大学自然科学部のアカデミー会員候補、教授、博士のキム・リョンフン研究室主任は、地下超塩水を見事に探し当てる科学者として名が知られています。

キム・リョンフン主任のお話を聞いてください。

「地下超塩水と言いますと、地下水の一種ですが、1リットルの地下水の中に塩分などの物質が50グラム以上入っている、いわば、高濃度の地下水の事です。私たちは2006年度からその研究を始めました。朝鮮西海の形成と進化、その過程に地下超塩水の形成の環境はどうつくられたか、埋蔵地はどこだろう、こんな面で調査をしたわけですが、初歩的には朝鮮にもありうるということを立証しました」

当時、キム主任はこうした科学的な仮説の下に、地下超塩水による製塩方法を考え付きました。そして、それを実践するため、地中深く流れる水源の探査に入りました。

研究チームを率いて、何年間、探査を続け、ある製塩所で地下超塩水を見つけ出しました。およそ1万ヘクタールの塩田を探査して、このように地下超塩水を探し出しました。

そうするうち、朝鮮西海岸はもとより、朝鮮東海岸に位置した複数の製塩所でもボーリングの過程に地下超塩水が湧き出ました。四季を通して塩を生産できる明るい展望はこうして開かれました。

チュチェ105(2016)年5月、敬愛する金正恩総書記はキム・リョンフン主任が研究に携わってきた塩の生産現場を訪ねて、真っ白い塩が積まれているのが、まるで白金の山のように見える、地下超塩水で塩を生産するのは地中から白金を掘り出すも同じだという意味深長な話をしました。この日の総書記の話はキムさんの脳裏に焼きつき、「白金」をより多く掘り出すための研究は今に続いています。

ヘクタールあたりの製塩量を増やすだけでなく、地下超塩水から色々な元素も抽出できる合理的な生産方法を模索しています。

(文化―科学技術)

ike220811005_001.jpg
ike220811005_004.jpg
ike220811005_005.jpg
2022.09.10の記事


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-09-19 (月) 20:04:04