展望が明るい生産方法

地下超塩水による塩の生産方法は経済的価値が認められ、多くの国で広く導入されています。朝鮮でも地下超塩水を利用して塩の産量を増やしています。10数年前、敬愛する金正恩総書記は地下超塩水の資源による塩の生産方法を導入することを指示しました。

金日成総合大学の科学者たちは数年間の試行錯誤の末、朝鮮に必ず地下超塩水があるという科学的仮説を実物で立証し、チュチェ102(2013)年に初めて地下超塩水を探し出して塩の生産に成功しました。

それから数年後、朝鮮西海岸のある製塩所で地下超塩水による塩の生産工程を設け、少ない面積の塩田で多量の塩を生産しました。これについて聞いた金正恩総書記はチュチェ105(2016)年5月23日、製塩所を訪れました。

総書記は、夜通し関連資料を見て、一足飛びに来たと言い、地下超塩水による塩の生産方法は塩の生産の集約化を可能にする革新的な方法だと評価しました。そして、有望な地下超塩水の埋蔵地を探し出して、地下超塩水による塩の生産方法を極力受け入れるべきだと教えました。

金日成総合大学室長で教授、博士のキム・リョンフンさんのお話です。

「金正恩総書記は塩の生産の集約化と機械化、近代化を主な目標に掲げて研究を行うべきだと言いました。その時から私たちは伝統的な塩の生産方法から脱皮して、より近代的かつ集約的で機械化が可能な塩の生産方法を導入するための研究に打ち込んでいます。これが実現すれば、同じ地下超塩水の原料でも、塩の産量だけでなく品質も高められる展望が開かれるでしょう」

地下超塩水の資源に恵まれた朝鮮の製塩の展望は明るいと言えます。

(政治―為民献身)

ike220516030_003.jpg
ike220516030_002.jpg
2022.06.25の記事


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-07-17 (日) 13:39:14