「ピョンオク9」と言う品種が伝えるのは

ピョンオク9」と言うのは朝鮮で育種した高い収量を出す密集型のトウモロコシの品種です。トウモロコシの他の品種に比べ、生育期日が短く、前作と後作共に穀物が可能な二毛作に適しているだけでなく、背丈が低いので雨風にもよく耐える品種です。

チュチェ105(2016)年9月のある日、敬愛する最高指導者金正恩委員長が「ピョンオク9」を育種した農場を訪れました。金正恩委員長が何度も訪れ、国の総合的な種子の研究と開発をするところとして作ってやった農場でした。特にその前の年の8月には、朝鮮の気候風土に合う優良品種の作物をより多く開発することを教え、農場の運営上の諸問題もひとつひとつ解決してやっています。

金正恩委員長は農場でトウモロコシと陸稲の新種を育種したと言う話を聞いて、喜び勇んで出かけてきた、とし、取り入れたばかりの収量の多い品種の農作物を見ました。腕ほどもあるトウモロコシの実と充実した稲穂は見る程素晴らしいものでした。金正恩委員長は、見事なものだ、すこぶる満足だ、と言って、トウモロコシの新種について詳しく把握しました。そしてトウモロコシの新種を「ピョンオク9」と命名しました。

翌年の9月、金正恩委員長は又もやこの農場を訪れました。農場では日照りが続く不利な天候の中でも優良品種を植えて、ヘクタール当たりの収量を前に比べ、4倍以上引き上げました。「ピョンオク9」を植えた畑には腕ほどもあるトウモロコシの実がなりました。畑を見て、金正恩委員長はトウモロコシのさやぐ音は人民の笑い声に聞こえると言いました。

人民の食生活に潤いをもたらすため歩み、また歩む農場の道、正に金正恩委員長はその道に喜びを見出しているのです。

(今日の朝鮮)

ike200509019_001.jpg
2020年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-14 (日) 16:19:50