高麗青磁

昔から朝鮮民族は沢山の文化財と伝統を創造し、それを継承し、発展させてきました。数ある文化財の中にはコリョ青磁もあります。コリョ磁器は下地から見ますと黒と青などに大別されますが、中でも一番多く焼かれ、また優れているのが青磁です。

青磁はコリョ、918年から1392年まで存続した朝鮮初の統一国家であるコリョ、高麗時代に始めて焼かれたことから、コリョ青磁と呼ばれてきました。奥ゆかしくもほんのりした翡翠色で世に広く知られているコリョ青磁の色は染め付ける方法では得られないものです。翡翠色は材料の土と上薬に含まれている一定量の鉄粉が釜の中で高熱により反応を起こすときに現れる色です。慣れた手つきと高い技術が要されるコリョ青磁特有の色を祖先が遠い昔にすでに作り出したのは実に驚嘆すべきことです。多様な模様もコリョ磁器の優れた特徴のひとつです。

模様装飾法には、浮き彫り、陰刻、へこませて彫るもので、浮き彫りが陽刻で、その逆となります、そして、透かし彫り、そのほか、溝を彫る模様をはじめいろいろな装飾法があります。そして、筆で描く方式と象嵌がありますが、特に、象嵌は、模様の立体感が際立ち、工芸美が一層浮き彫りにされて、コリョ磁器独特の装飾技法と知られています。コリョ青磁の美しくも多様な形はコリョ時代の人々の現実に対する鋭い観察力と深い芸術的情緒、洗練された工芸技術をそのまま見せています。

このようにコリョ青磁は独特な色と繊細な模様、優雅な形により、世界の人々から宝のように珍重されています。

IKE170227032_001.jpg
IKE170227032_002.jpg
IKE170227032_003.jpg
2017年の記事
 

朝鮮で陶芸の歴史は古く、特にコリョ、高麗時代に急速な発展を遂げました。コリョは918年から1392年まで存続した封建国です。

社会科学院歴史研究所の研究者リ・イルシムさんのお話です。

「英知に富み、才能のある朝鮮民族はコリョ時代以前の陶芸を受け継ぎ、発展させて、美しい形と優雅な色、多様な文様のコリョ磁器を創造しました。コリョ磁器は下地から見ますと青磁、白磁、黒磁などに分かれ、装飾技法からしますと浮き彫り、陽刻とも言います、そして、へこませて彫る陰刻、透かし彫りなどがあります」

コリョ時代に製作され普及した磁器のうち、一番優れたものは青磁であり、その中でも特に文様を染め付けた青磁が有名でした。コリョ青磁の色は清く、鮮やかであるばかりか、柔らかく奥ゆかしいのが特徴です。その清澄な色を昔から空のあさぎ色や、深い山中に流れる水の色などになぞらえました。また澄み切って艶を出すので翡翠にもたとえ、コリョ翡翠色磁器とも呼びました。

コリョ青磁は装飾技法によって、純青磁、彫り青磁、象嵌青磁などに区分します。純青磁はコリョ青磁の製作初期に普及したもので、表面に何の装飾もなく、上薬だけをかけて焼いた磁器です。彫り青磁は表面に陰刻と陽刻、透かし彫りの方法で模様を施した磁器です。象嵌青磁は模様を際立たせる装飾方法で作った磁器です。

コリョ青磁は形が多様で斬新です。コリョ青磁の形はほとんど柔軟な曲線をなしており、見る者に生きる活力を届けます。模様は空白を残しながらはっきりと施したので、美しい青磁の色が装飾模様によって傷つかないように用心深く描いたようです。

色々な手法と技法、熱工学的原理によって製作されたコリョ青磁は朝鮮民族の誇りとなっています。

(観光)

ike220115007_001.jpg
2022.02.02の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-02-03 (木) 19:26:39