食品工業に役立つ研究の成果

ナノ銀の需要が増大し、その応用範囲が引き続き拡大する中、ピョンヤン食品日用技術大学ではナノ銀の質を高めるための技術を開発し、現実に取り入れました。

ピョンヤン食品日用技術大学の教員リ・チュンイルさんのお話です。

「共和国ではナノ銀を利用する色々な薬品と日用品が多く開発され、生産されてきました。それで広域、持続可能、無毒というナノ銀の優れた特性を食品工業部門に適用して見てはと思いました。人の健康に影響を及ぼさない高い抗菌効果を利用して、食品を安全に生産し、保管する方法はないものかと考えあぐねた末、蛋白質を利用するナノ銀の生産方法を確立しました」

新たなナノ銀の製造技術を確立する上で、主動的かつ中核的な役割を果たしたのはリ・チュンイルさんでした。リさんは授業のためいつも忙しい中にも、時間を惜しんでナノ技術を食品工業部門に応用するための研究を止めませんでした。

ナノ技術の世界のトレンドの研究、一部のナノ材料の特性を解明することに尽くしました。その過程に殺菌力がとても強く、安定し、使用に便利なナノ銀の分散液に関心が向けられました。これは新たなナノ銀の製造技術の確立で大きな一歩を踏み出したことでした。

リさんは大学の研究チームの積極的な援助の下に、蛋白質の抽出液を利用して銀塩基をナノ銀の粒子に還元するための実験を繰り返しました。分散液の中のナノ銀の粒子の安定を図るための研究も行なって、ナノ銀の製造技術を新たに確立しました。

新たなナノ銀の製造技術は原料と環境の汚染をなくし、任意のところで特定の設備がなくても思うままにナノ銀を生産し、利用できるので展望が明るいと言えます。利用の範囲が広く、経済的実益がとても大きいナノ銀の製造技術は今年8月の第16回国家発明展覧会で高く評価されました。

リ・チュンイルさんのお話です。

「ナノ技術の応用研究で私たちが達成した成果はスタートを切ったに過ぎません。私たちは新たなナノ銀の製造技術を確立したことに止まらず、実践に適用するための研究をさらに深めるつもりです」

(今日の朝鮮)

IKE180803002_001.jpg
2018年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-24 (月) 11:19:21