自力で前進を続ける朝鮮

チュチェ思想研究ベネズエラ全国協会会長オマル・ロペスさんのお話。

ピョンヤン・カバン工場を見て深く感動しました。先ずは、この工場で子供たちを始め生徒、学生用のカバンを生産するということで、次は全ての生産工程が女性によって管理されていると言うことです。工場で女性が重要な役割をしていますね。大事なのはカバン生産に必要な技術と原料の殆どを国内でまかなっていると言うことです。これはたいへん驚くべきことです。帝国主義者の脅威の中でも朝鮮は前進を続けています。必要な全てのものを自力で解決するため国中が発奮しています。朝鮮が自力で開発した核の威力はアメリカの脅威を跳ね返す強力な武器となっています。自分の力で自国の固有の歴史と文化を創造し、経済と科学を引き続き発展させること、まさにこれが世界のモデルとなっている朝鮮から学ぶべきもので、帝国主義の脅威に立ち向かう唯一の方法です」

(世界と朝鮮)

img_nk180124_01.jpg
img_nk180124_02.jpg
2018.01.24 サイト動画字幕抜書き
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-25 (木) 21:46:10