ランドセルに宿る話

朝鮮の子供たちは松の木と言う意味の「ソナム*1」ブランドのランドセルを背負って学校に通っています。

何年か前のことです。敬愛する最高指導者金正恩委員長が現地指導の道で、片手にカバンを提げ、他の手に楽器と持ち物を抱えて歩く子供たちを目にしました。子供たちにランドセルを背負わせたらどんなに良いだろう。

考えに耽っていた金正恩委員長は軽工業部門のある人を電話で呼び、子供たちに素敵なランドセルを作ってあげようと言いました。その後、金正恩委員長は、自ら研究していたカバン生産に関する参考書を専門家に送り、デザインについてもいろいろとアドバイスしました。そして、子供たちのカバンの生産のための土台も全て揃えてくれました。

チュチェ105(2016)年10月、金正恩委員長はマンギョンデ革命史跡地記念品工場を訪れました。

その日のことを工場の管理職のパク・キョンナムさんは語ります。

「金正恩委員長は、マンギョンデ革命史跡地記念品工場を訪れ、製品を詳しく見ました。そして生産中のファスナーの品質について具体的なことを教え、色と噛み合いの程度、飾りつけにまで気を配りました。また、ファスナーのサンプルを手に入れて送るとの約束もしました。この日、金正恩委員長は、金正淑ピョンヤン紡織工場ではカバン用の生地を生産し、この工場ではファスナーを本格的に生産しているのだからどんなに嬉しいことだろう、これで生徒用のカバンの生産に要る生地とファスナーを完全に国産化できる、と言いました」

金正恩委員長はチュチェ106(2017)年1月、ピョンヤン・カバン工場を訪れました。操業していくらもならない工場がカバンを大々的に生産するのが嬉しくて、別世界に来たようだ、今日のことを忘れられないようだと言いました。そして、われわれが作った格好のよいカバンを背負ってはしゃぎながら通学する子供たちの姿が目に浮かんできて気分が良い、子供たちに必要な全てをわれわれが作ってあげるとき、子供たちは自分のものを大事にする愛国心を持てると言いました。

子供たちのカバンひとつにも親の情を注ぎ、労働者たちに自分の子に持たせるカバンを作る思いで、カバンの生産に真心を尽くすべきだと諭す金正恩委員長でした。

まさに朝鮮の子供たちが好んで背負って歩く「ソナム」ブランドのランドセルには、国の未来のために捧げる金正恩委員長の気高い志が熱く宿っているのです。

(今日の朝鮮)

ike191118005_104.jpg
ike191118005_123.jpg
2019年の記事
 

カバン用の布地かけがえのないもの国産化が進められている自力更生の旗の下念を押したこと

ファスナーマンギョンデ革命史跡地記念品工場にまつわる話一般消費財をより多く生産するために必ずやりたかったこと真心(万景台革命史跡地記念品工場)

 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 松の木(소나무)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-31 (火) 18:12:28