涙を流す文化財(2)

朝鮮民族の歴史と文化、英知宿る貴重な文化財が侵略者、略奪者によって異国で故郷を懐かしみ涙を流しています。その涙に秘められた恨みの話を聞いて下さい。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

早くから祖先は鋳造技術を進歩させ、優雅で立派な鐘を多く造りました。この鐘は1726年に造られた「平壌の鐘」です。平壌の都心を流れる大同川の辺の鐘楼にあります。当代屈指のこの平壌の鐘は優雅な造りと荘重な響きで平壌の名物とされて来ました。鐘には仏像、四天王像、雲の文様、鐘の名等が浮き彫りにされています。竜頭は絡み合った2頭の竜からなっていますが、とても繊細で躍動感が伝わって来ます。平壌の鐘は当時の高い鋳造技術をそのまま見せています。

この鐘の他、朝鮮民族固有の情緒と独特な造りを見せる鐘が朝鮮各地にありました。この民族の貴重な富が過去、侵略者によって矢鱈と略奪されました。コリョ時代から朝鮮に頻繁に忍び入り多くの鐘を盗んだ日本侵略者は、壬辰祖国戦争の時と朝鮮に対する植民地支配期間、朝鮮の鐘を更に露骨に略奪しました。

資料によりますと朝鮮の銅製の鐘が100余りの内、70余りが日本に散在しています。中で日本の国宝に指定されたのが18個、その内4点は消失状態だといいます。日本の国宝となっている常宮神社の銅製の鐘*1は、朝鮮で832年に鋳造された物です。その他1026年に鋳造されたヘイル寺の鐘、1033年に鋳造されたウォンソン寺*2の鐘等、多くの鐘が日本各地に散在しています。

日帝の朝鮮占領期間、日本人の大倉個人が奪い去ったコリョ時代や朝鮮封建王朝時代の鐘だけでも3つもあります。詰まる所、祖先の英知と才能宿る朝鮮の鐘はその数が幾らも残っていません。日本人自らが朝鮮より日本に、朝鮮の鐘がもっと多いという事実を隠そうとしませんでした。

御用史家の関野貞(せきのただす)は「シンラ、新羅の梵鐘が朝鮮に幾らも残っていないし、またコリョ、高麗時代の梵鐘の場合は早くから日本に渡来した数が相当あるので、当代の銅製の鐘の様式が十分研究出来る」とし、日本が各時代の朝鮮の鐘を数知れず略奪した事実を明らかにしました。また日帝の朝鮮占領の時、朝鮮総督府の古跡調査課の嘱託だった藤田亮策も『高麗文化』という文で「日本の国宝になったのは全てコリョ時代の梵鐘で、朝鮮に残っている数は少ない」と書き、関野貞の記録が事実である事を立証しました。

今も主人ならぬ主人の所有になっている朝鮮の鐘は、朝鮮に対する日本の根深い侵略と略奪の歴史を満天下に暴いています。

(時事評論)

img_vok200324_01.jpg
img_vok200324_02.jpg
img_vok200324_03.jpg
img_vok200324_04.jpg
img_vok200324_05.jpg
img_vok200324_06.jpg
img_vok200324_07.jpg
img_vok200324_08.jpg
img_vok200324_09.jpg
img_vok200324_10.jpg
img_vok200324_11.jpg
img_vok200324_12.jpg
img_vok200324_13.jpg
img_vok200324_14.jpg
img_vok200324_15.jpg
img_vok200324_16.jpg
img_vok200324_17.jpg
img_vok200324_18.jpg
img_vok200324_19.jpg
img_vok200324_20.jpg
img_vok200324_21.jpg
img_vok200324_22.jpg
img_vok200324_23.jpg
2020.03.24 サイト動画の聞き書き
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 動画の字幕では「上宮神社」となっている。
*2 聞き書きなので其々の寺の名は間違えているかも知れません。字幕付けてくれればいいのに。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-25 (水) 14:39:50