涙を流す文化財(1)

朝鮮民族の歴史と文化、英知宿る貴重な文化財が侵略者、略奪者によって異国で故郷を懐かしみ涙を流しています。その涙に秘められた恨みの話を聞いて下さい。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

朝鮮の文化遺産の中には民族の優れた才能を見せる古墳が多くあります。その代表的なものがキョンヒョ王陵です。コリョ、高麗第31代王のキョンヒョ王の墓で、コリョの王陵のうち保存状態が良く、当代の文化を研究する貴重な資料を提供する指折りの王陵でした。

しかし、650年近く過ぎた今、見られるのは王陵の外観だけで、中に所蔵されていたはずの多くの遺物は跡形もなく消えてしまったのです。それは、20世紀、朝鮮を占領した日帝によって無残に掘り出され、盗まれたためです。

1905年、憲兵や警官など数十人の日帝の盗掘団は、キョンヒョ王陵の一部を爆破して中に入り、荷馬車10数台分の遺物を略奪しました。ある日本人は「在日朝鮮文化財と日本人の責務」という文で、「1904年から2~3年間だと言うと、ちょうど朝鮮を植民地化する地慣らしが行われていたときで、この期間、ケソンとカンファ島、ヘジュなどでコリョの王陵を始め、約2千基の墓に対する大盗掘が行われた。日本軍は白昼、公然とダイナマイトまで使い、10万点を超える青磁とその他の副葬品を略奪した」と暴きました。

日帝は1910年代までピョンヤン、ケソン、ヘジュなどにあった数千基の古墳を掘り出して、その中の遺物を残らず運び出しました。下の写真は古墳を掘り返す日帝の盗掘団と盗掘の現場を監視する日帝の警官を撮ったものです。

日帝の朝鮮占領のとき、考古学者のベールをかぶって朝鮮に入り、古墳を毎年、数百基も掘り出した日本人がいました。1963年に日本の記者がその人にインタビューしましたが、自分がペクチェ、百済時代の古墳2千基を盗掘し、それを商人に評価させたところ、3億数千万円に達していたと答えました。

朝鮮に対する植民地支配期間、日帝が盗掘した王陵は2百基あまり、古墳は1万1千基以上で、そこから掘り出した遺物の量と額は実に莫大なものです。

民族の財宝を失い、蹂躙の址だけを留めた数多くの古墳は略奪者の犯罪を今に伝えています。

(時事評論)

ike200128003_001.jpg
2020年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-11 (火) 15:28:40