歴史にかつてない植民地暴圧支配

呉英淑(オ・ヨンスク):20世紀前半、日本帝国主義は朝鮮を自分の植民地にし人類史に類を見ない最も野蛮で苛酷な植民地暴圧支配を実施しました。日帝は1905年、乙巳五条約、日本でいう第二次日韓協約の事ですがこの乙巳五条約を捏ち上げた後、1906年2月1日に設置した朝鮮統監府を1910年10月、朝鮮総督府に改変しました。

朝鮮総督府は朝鮮人民を政治的に抑圧し支配した極悪な暴力機関で、朝鮮の経済の命脈を握って朝鮮人民の膏血を搾った悪辣な経済略奪機構であり、朝鮮人民の民族自主の意識と民族伝統を抹殺し奴隷屈従の思想を強いた凶悪な植民地支配機関でした。その植民地暴圧支配の先頭には寺内正毅のような悪名高い者達が立っていました。

1910年5月30日、第三代朝鮮統監を兼任した寺内は7月に直接兵隊を率いて朝鮮に入って、8月に不法な韓日併合条約を捏ち上げました。その功労で伯爵に、初代朝鮮総督となりました。寺内は「朝鮮人は日本の法律に従うか、さもなければ死ぬしかない」という暴言も躊躇いませんでした。

寺内だけでなく朝鮮総督の座に付いた者達の誰もが朝鮮で最も野蛮でファッショ的な植民地暴圧支配を実施し、数々の蛮行を働いた極悪非道な犯罪者でした。日本の或る新聞は、過去日帝が朝鮮を武力で占領し植民地支配を実施した事について非難して、「植民地朝鮮を支配する為設置された朝鮮総督府は稀に見る実態だった」と評しました。

日帝の総督政治は朝鮮民族を地球上から完全に抹殺するのに目的がありました。朝鮮総督府は暴圧武力を発動して朝鮮人民の政治的自由と権利を奪い、朝鮮人民の民族解放運動を無残に弾圧しました。日中戦争の挑発(徴発)後、840万人以上の朝鮮人を拉致・誘拐・強制連行して戦場と死の苦役場に駆り立て、100万人以上の朝鮮人を残酷に虐殺しました。その内20万人の朝鮮人女性を日本軍の性奴隷にしました。

日帝は朝鮮からあらゆる物的資源を大量略奪し延いては食器と箸・匙まで強奪しました。『内鮮一体、皇国臣民化』を唱え朝鮮民族の古い歴史と輝かしい文化を抹殺しようと躍起になりました。

朝鮮に対する悪辣な総督政治を実施した日帝の蛮行は必ず計算されるべき天人共に激怒する犯罪です。にも拘らず日本の反動支配層は過去の罪を美化した挙句に、それを完全に否認しようと必死になっています。

日本の反動勢力のこのような行為は日本への骨髄に徹する恨みを抱いている朝鮮人民を憤激させています。

(時事評論)

2022.05.30 サイト音声の聞き書き
 

乙巳五条約「乙巳5条約」は不法極まりない偽りの条約「乙巳5条約」を捏造した日帝脅迫ででっち上げた不法文書不法で犯罪的な「乙巳5条約」不法極まりない「乙巳5条約」歴史に例のない「条約」の捏造
統監政治植民地支配体制の確立のための統監政治強盗さながらの統監政治日帝の悪辣な「統監」政治
寺内正毅 -- Wikipedia


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-05-31 (火) 20:06:03