朝鮮総督府の正体

1905年、日帝は強制と詐欺の方法で「乙巳5条約」、日本で言ういわゆる「第2次日韓協約」を捏造して、朝鮮の外交権を奪い取りました。日帝は朝鮮の皇帝の下に日本統監を置くことについての条項をこの「条約」に盛り込みました。朝鮮に対する植民地支配体制を確立するためでした。

1906年2月1日、日帝はソウルに朝鮮統監府を設置し、統監政治を実施しました。

中央階級的教育館キム・ギョンヨンさんのお話です。

「朝鮮統監府の機構は総務部、農商工部、警務部からなっていました。総務部には秘書課、庶務課、外事課、内事課、法制課、会計課、土木および鉄道課を、農商工部には商工課、農務課、鉱務課、水産課、山林課を、警務部には高等警察課、警務課、保安課、衛生課を置きました。地方には従来の領事館を廃止して理事庁を設置し、領事館がなかった所には理事庁の支庁を置いて統監府の指示を受けるシステムを立てました。このような機構システムを通じて、朝鮮統監府は日帝が朝鮮の対内外政策を掌握、統制し、朝鮮人民の反日闘争を弾圧し、朝鮮の経済命脈を掌中に収めて天然資源を略奪できるよう作られた徹底的な植民地統治機構であることが充分分かります」

朝鮮統監府には伊藤博文曾禰荒助寺内正毅のような侵略の元凶が統監の座に居座って、日帝の植民地統治を執行しました。日帝は5年近くに及ぶ統監統治の期間、朝鮮の国権を抹殺し、大兵力を駐屯させて朝鮮を軍事的占領地に変え、いささかの反日の要素も容赦なく弾圧して、朝鮮封建国家を完全に崩壊させました。

植民地支配体制を確立した日帝はそれを維持し、強固なものにするため1910年10月1日、朝鮮統監府を朝鮮総督府に変え、それ以来、悪辣な総督政治を実施しました。日帝は40年余りに及ぶ植民地ファッショ支配の期間、歴史にかつてない犯罪行為を数多く働きました。

日帝が朝鮮民族に犯した大罪を代を継いであくまで払わせようというのは、朝鮮人民の揺ぎ無い意志です。

(時事評論)

ike191229001_001.jpg
2020年の記事
キム・ギョンヨン歴史にかつてない横暴
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-01 (土) 16:46:09