歴史にかつてない横暴

軍隊は主権国に必須の存在です。20世紀始め、日帝は主権国の合法的な軍隊を強制解散する罪を犯しました。

中央階級的教育館の解説係 キム・ギョンヨン

img_vok210731b_02.jpg

「1905年、『乙巳5条約』を捏造して、朝鮮封建国家の外交権を奪い取り、1907年には『丁未7条約』をでっち上げて内政権まで強奪した日帝は、ついで朝鮮軍の解散に取り掛かりました。当時、朝鮮軍は9000人にもならず、それに編成と装備も立ち遅れていました。日帝がこうした軍隊をなくすことも急いだのは、朝鮮を永久占領する上で軍隊の反抗を一番怖れたからです」

 

日帝は朝鮮軍の解散の際に有り得る軍人達の反日抗戦に備えて日本本土から兵力を増強する一方、事前に暴圧武力を総動員しました。また軍隊解散に関する朝鮮皇帝の詔勅文の草案を捏造しました。

中央階級的教育館の解説係 キム・ギョンヨン

img_vok210731b_08.jpg

「1907年8月1日、ハンソンで朝鮮軍の解散式が強行されました。この日、日本侵略軍の司令官長谷川は、日本軍でものものしい包囲網をつくった後、朝鮮軍の各隊長を集めさせて、事前に捏造した軍隊解散び『詔勅』*1を読み上げるようにしました。そして朝鮮軍の下級将校と兵士を『訓練院』に武器もなく集合させ、すでに計画した通りに朝鮮軍を包囲し、軍隊解散に関する偽の『詔勅』を伝えました。その隙に付け込んで、日本侵略軍は朝鮮軍の兵営と兵器庫を占領し、武器を押収しました」

 

その後、地方軍の鎮衛隊も全部解散しました。また強制解散に反対して暴動を起こした軍人達を、圧倒的な武力攻勢で容赦無く鎮圧しました。結局、朝鮮封建国家は正規軍の無い国となりました。当時日本は朝鮮と交戦状態にあったのではありません。しかも朝鮮は戦敗国でも無く、朝鮮軍を解散する何の名分も日本にはありませんでした。

歴史に嘗て無いこの横暴極まりない行為は、朝鮮を植民地にする為必死になった狡猾で悪辣な日本について、そのまま見せています。

(時事評論)

img_vok210731b_01.jpg
img_vok210731b_03.jpg
img_vok210731b_04.jpg
img_vok210731b_05.jpg
img_vok210731b_06.jpg
img_vok210731b_07.jpg
img_vok210731b_09.jpg
img_vok210731b_10.jpg
img_vok210731b_11.jpg
img_vok210731b_12.jpg
img_vok210731b_13.jpg
img_vok210731b_14.jpg
img_vok210731b_15.jpg
2021.07.31 サイト動画の聞き書き、字幕抜き書き
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 ここの字幕は「軍隊解散の『詔勅』」かも。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-08-01 (日) 19:25:22