朝鮮の自主権を蹂躙した強盗の集団

米日両帝国主義が共謀して強盗さながらの「桂タフト協定」を締結してから112年が経ちました。「桂タフト協定」は、米日侵略者の厚顔無恥さと強盗そのものの本性を雄弁に語る侵略的協定でした。19世紀後半、朝鮮半島は帝国主義列強の植民地争奪のための角逐の場と化しました。

社会科学院歴史研究所の研究室主任で博士、助教授のウィ・グァンナムさんのお話です。

「日本はアメリカの支持と庇護の下、日清戦争と日露戦争を起こしました。この2回の侵略戦争を通じて朝鮮で清と帝政ロシアを駆逐した日本はアメリカから朝鮮を自分たちが完全に支配する『権利』なるものの保証を取り付けようとしました。一方、アメリカは2回の侵略戦争を通じて有頂天になった日本が当時、自分の植民地であったフィリピンに手を伸ばすことを恐れていました。こうした侵略的利害関係の共通性から両侵略勢力は共謀して犯罪的な『桂タフト協定』を締結したのです」

1905年7月29日、当時の日本首相と米陸軍長官タフトの間に秘密交渉がありました。交渉で桂とタフトは日本がフィリピンに対するアメリカの植民地統治を認め、アメリカは日本の朝鮮侵略を積極的に協力し、朝鮮に対する日本の「保護統治」を認める、そして、極東侵略で日米が協力し合うなどのことを約束しました。

周知のようにこの「協定」は朝鮮に対する日本の独占的支配を承認し、朝鮮を日本の完全な植民地に転落させた侵略的で強盗そのものの文書でした。これに基づいて日本はアメリカの積極的な支持と庇護の下、他の列強の干渉を受けることなく、その年の11月、強盗そのもので陰謀的な方法で「乙巳5条約」を、1907年7月は「丁未7条約」を、1910年8月は「韓日併合条約」を捏造して朝鮮を日本の完全な植民地にしました。こうして5千年の悠久な歴史と文化を誇る朝鮮民族は日本帝国主義に踏みにじられました。

犯罪的な「桂タフト協定」の締結は朝鮮人民に血の教訓を教えています。それは、力がなければ国と民族の自主権を守れず、帝国主義列強の侵略の取引にされかねないということです。帝国主義列強の角逐の場となった朝鮮、その朝鮮が今は、原子爆弾と水素爆弾と共に大陸間弾道ロケットまで保有し、国の総合的国力と戦略的地位を新たな段階に引きあげました。

朝鮮人民は世紀をついで共和国を侵略し、支配しようとするアメリカと日本の反動勢力の策動を強い国力で粉砕し、朝鮮人民に犯した全ての罪の代償を必ず支払わせるでしょう。

IKE170611027_001.jpg
2017年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-22 (火) 13:27:13